こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

男が女を愛する時 (新潮文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 柴門 ふみ
定価: 432 円
いいね!

    「男が女を愛する時 (新潮文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      柴門ふみが、対談、対談するなら、いい男にしてくださいと選んだ9人。

      モテる男の秘訣を探る・・・読み取って生かさなければ・・・。

      最後に各人の特徴を柴門さんが書いているので引用すると。

      既知の糸井重里、耽美の久世光彦、エネルギーの三枝成彰、芸の中村勘九郎、
      ヤンチャの大多亮、狂気のテリー伊藤、抒情の安西水丸、フェロモンの藤井フミヤ、
      エンタテインメントの秋元康。

      すべての方に共通しているのが、“少年性”いつまでも自らがおもしろいと
      感じるものにまっしぐらに進む、その魅力、パワーが女性にモテる秘訣なのか。

      何事にも、情熱をそそぐ・・・・・
      それでいて、謙虚で、穏やかな物腰、神経質さと、優しさ漂う雰囲気

      ああ、だんだん、難しく難易度が高くなりそうなので、このへんで。

      >> 続きを読む

      2016/05/02 by

      男が女を愛する時 (新潮文庫)」のレビュー

    • アンディ・ガルシア主演の同名の映画を劇場で観たことが有ります。

      そう言えば、そもそもの元ネタ?は1966年に発売された歌みたいですね。 >> 続きを読む

      2016/05/03 by ice

    • >iceさんへ

      iceさん、さすが、博識ですな。

      柴門ふみさん、敢て、つけた題なんでしょうか。
      大好きな、映画、歌、だったりして・・・・・。
      >> 続きを読む

      2016/05/03 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    男が女を愛する時 (新潮文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本