こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

初陣

4.0 4.0 (レビュー4件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 578 円
いいね!

    「初陣」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      シリーズ4作目にして初めて竜崎以外のキャラに焦点が当たるスピンオフ作品。
      竜崎の同期の伊丹に問題が起こり、それを間接的に竜崎が助言していくという話。

      伊丹はひたすら悩んで結論を出すが、竜崎はあっさりと決断をすればいいと諭す。
      同期の絆を感じさせるとともに、伊丹がいかに竜崎を信頼しているかを伺わせるエピソードが多い。

      どの話もすらすらと読みやすく、キャラの魅力を増す作品。
      次作以降も更に各個のキャラの活躍が楽しみになる。
      >> 続きを読む

      2018/01/23 by

      初陣」のレビュー

    • 評価: 4.0

      ここまで来ると、竜崎の周りの人たちも気になりだす、まずは、伊丹、戸高、野間崎管理官、補佐役の課長たち。貝沼さんも。

      3.5と言うのも珍しいが、3巻~4巻の間の裏話と言うところでしょう。話は伊丹刑事部長のあれこれ。
      伊丹刑事部長と呼べば、まぁ俳優なら今、時の人香川さん、内野聖陽さんかな。
      ところが伊丹俊太郎となると、体形に気を配り、マスコミ受けを狙い、現場にも常に顔を出して捜査陣をねぎらう、行き届いた人を演じ続けてすっかり身についている。スマートさが売りなら、佐々木蔵之助さんのような人を想像する。俊太郎って名前、なかなか似合っているような似合わないような。

      短い話が8編で、どれも面白い。今野さんは話が短くても長くても、うまく、それも無理なく収める、名人かも。


      さて本編は

      指揮
       伊丹は福島県警本部長から警視庁刑事部長へという辞令が出た。引継ぎは三日間で、もたもたすると次の部長が着任してくる。自分も次の任地に行かなければならないしいそがしい。
      だが竜崎にちょっと電話してみた「なんだ?」溜息とともにいつものように愛想無い。伊丹は勝手に親しみを感じているが、竜崎は長官官房の総務課長に抜擢されていた。
      後任者の到着前日、いわき市で殺人事件が発生。後任が来れば引継ぎをして自分も移動しなくてはならないが、捜査本部ができればそこに立ち会いたい、それでは決められた着任日に間に合わない。
      現場主義の伊丹は迷う。そこで竜崎。距離を置いて客観的に、原理原則どおりにやって見る。体の移動ができないときは電話も使え、という竜崎の指示。迷いは物差しさえ間違えなければ案外すんなりと片付くと言うことで、めでたし。

      初陣
       裏金問題が浮上した。竜崎は長官官房の総務として、国会の質疑応答の原稿を作る。これが表立った竜崎の「初陣」だという。
      資料のため、と言うことで伊丹に質問してくる、なに?裏金? 費用のやりくりに苦しい所轄などは何らかの方法で経費の不足はまかなっている。具体的に? 話すから友達ならうまくまとめてくれ。名前は出すなよ。マッタク!
      案外伊丹は小心だった。どうなるのかやきもきする。

      休暇
      伊丹はやっと三日の休暇をとった。榛名山に向かう坂道にある古い温泉、伊香保に行こう。車で飛ばせば一時間。
      だがそこで又大森署管内で殺人事件、捜査本部だ現場主義なら立ち合わねば、せっかくの温泉で、休暇なのに。
      竜崎は、本部など要らない、連絡網は完璧な現代、ゆっくり休養しろと言う。
      それでいいのか、伊丹は悩みながらの休暇。

      懲戒
       晩秋の雨が冷たい日、」時枝課長が言いにくそうに、選挙違反の話を伝えに来た。本当なら懲戒免職だな。でもなぜ話がここに来た。聞いてみると伊丹の知っている警部補だった。刑事部長が言うには、「伊丹から処分を聞くのではなくあくまで参考意見を聞きたい」そうだ。だがその結果が悪ければ・・・妻も子もいるのだ。
      白峰をよんで話を聞くと大物議員の選挙運動中の出来事だった、やはりここは竜崎の智恵だ。
      電話をすると、単純明快な答え。伊丹も取り越し苦労だと思えた。そう旨くいくのか。

      病欠
       いくら頑張ってもインフルエンザには勝てない、それでも伊丹は頑張る。現場主義だ。
      しかし応援がいるとき、どこの署もインフルエンザのせいで人員不足だった。しかし大森署は予防接種の徹底で欠勤はわずかだった。
       竜崎に応援を頼むと、危機管理がなってないなどと皮肉られながら10人を出して、指揮も取ってくれるという。困ったときはお互いさま、仕事第一というのが竜崎の原理原則だ
      伊丹は体力も限界で家に帰る。そこにたまたま別居中の妻が来ていた。ほっとして、なんだか幸せ気分になった。

      冤罪
      4件の放火事件があった、二件の犯人をすぐに拘束した。ところが近くで小火がありその犯人が前の4件は自分だと自供した。
      こまった。最初の犯人は庭で焚き火をしたただけなので無罪だと言っていた。誤認逮捕!冤罪か。
       竜崎は、こういうときはどうするのだろう。

      試練
       藤本警備部長は、かねがね聞いていた竜崎の原理原則を試すために、女を送りこんでみたらどうかと伊丹に言う。
      そして3巻の<疑心> のような話になる。これには仕掛けやうら話があった。

      静観
       時枝の態度が気になった。
      「何か問題があるのか」
      「落ち着きが無いように見えるが」
      「何があった」
      「悪いことと言うのは重なるものでして・・・」
      「大森署の竜崎署長がちょっと面倒な立場におかれておいでです」
      「要点を言ってくれ」
      大森署で事故死で処理した事案が殺人事件だった。
      車両同士の事故で交通課係員ともめた。
      窃盗事件があり話を聞いた相手が、犯人だったが、その時は見逃してしまった。
      なんと三重苦か。
      伊丹は早速電話した。
      「まだわからんことばかり、静観中」と竜崎は言った。




      伊丹側から見れば難事件でも、竜崎の考えに照らせば悩むことは無い。まるで大岡裁きの前の岡っ引き。
      でも伊丹の心は見かけによらず繊細なのだ。人の気持ちはそうすっぱり割り切れるものではない。それが伊丹の持ち味である。
      竜崎だって人の心が判らない訳ではない。しかし法の下で人を見るとなれば、原理原則が第一、騒ぐことはない。彼には忍耐力もある。


      短編もいい。早く読めるし。解決も綺麗で早い。
      >> 続きを読む

      2014/10/02 by

      初陣」のレビュー

    • 評価: 4.0

       伊丹俊太郎は、困った時、必ず竜崎にアドバイスを求めていたようだ。竜崎は、これまでの『隠蔽捜査』で見せたように、原理原則に基づいた助言で伊丹の窮状を救ってゆく。この様な外伝があるのなら、彼らは単なる幼なじみで同期ではなく、警察組織の枠組みを超えたチームと言ってもよいかもしれない。

       『初陣』は『隠蔽捜査』『果断』『疑心』を読んだ読者に対する今野敏さんからのプレゼントだと思う。小説は、あえて謎を残した終り方が価値を高めるという考え方もあるだろうが、著者がどのような結末を想定して物語りを描いていたのかを知りたい読者は少なくないだろう。何らかの個性を持つことでスター性を得た主人公が登場する作品なら尚更だ。今野敏さんは、種を隠すことで、崇高な作家として留まる方向ではなく、徹底的に読者を楽しませるエンタメ作家になるために、あえて竜崎と伊丹の外伝を上市することで、より間口を広く開いてくれたのだ。 >> 続きを読む

      2014/09/23 by

      初陣」のレビュー

    • >『初陣』は『隠蔽捜査』『果断』『疑心』を読んだ読者に対する今野敏さんからのプレゼントだと思う。

      そんな風に感じさせる本!
      ファンには嬉しいですね♪
      >> 続きを読む

      2014/09/23 by chao

    • chaoさん、コメントありがとうございます。
      今野敏さんは、とてもサービス精神の旺盛な作家さんだと、
      思います。警察官が主役の小説をたくさん書いているのに、
      読者が「殺されてしまう被害者」に感情移入してしまうような
      内容のものはありませんし、最後は胸をなでおろすような
      結末が多いので、安心して読めます^^
      >> 続きを読む

      2014/09/23 by カカポ

    • 評価: 4.0

      伊丹ってもう少しどーんと構えていると思っていたし、
      もっと仕事できると思っていた。
      ちょっと意外。
      まぁ竜崎視点と伊丹視点となると自然と違ってくるのか。
      しかし・・・インフルエンザで働くなよ。
      メーワクだよ~(;´Д`)

      2013/04/29 by

      初陣」のレビュー

    • >インフルエンザで働くなよ。

      これはダメですよね(笑)

      2013/04/29 by sunflower

    • >iceさん。

      竜崎ってカッコいいですよね。
      なんか、「エリート」で国のために働いているって頭から信じきってるある意味変人ですが面白いですよ。

      >sunflowerさん。

      風邪なのにマスクしない人とかいると蹴り倒したくなります(笑)
      なので、伊丹を見て凄く腹立ちましたね(笑)
      >> 続きを読む

      2013/05/02 by igaiga


    最近この本を本棚に追加した会員

    12人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ウイジン
    ういじん

    初陣 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本