こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒

江國滋闘病日記
著者:
カテゴリー: 日記、書簡、紀行
定価: 660 円

俳句ブームの火付け役であり、挨拶句の名手であり、辛口ながらユーモアあふれる随筆家として人気絶頂だった著者を、病魔が襲う。「高見順です」という医師の告知が始まりだった。以来、食道癌と向き合い、克明な日記を付け、療養句を詠み続ける日々。度重なる手術、骨への移転など、過酷な病状にも執念の執筆は続くが、ついに辞世の句を遺して永眠。激しく見事な人生がここにある。

いいね!

    「おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オイガンメクミカワソウゼアキノサケ エクニシゲルトウビョウニッキ
    おいがんめくみかわそうぜあきのさけ えくにしげるとうびょうにっき

    おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒 - 江國滋闘病日記 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本