こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

カンバセイション・ピース (新潮文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 保坂 和志
定価: 720 円
いいね!

    「カンバセイション・ピース (新潮文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      初めて読んだ保坂作品でした。
      井之頭五郎のようにいいぞ、いいぞとか心の中で呟きながら読んでました。
      親戚から預かった世田谷の古い家で、夫婦と姪と会社をやるのに間借りしている友人3人と、そして猫たちの日常風景。住人たちの会話や主人公モノローグで進行していきます。
      ストーリーなんてないようなもの。日常の会話にしては哲学的なやりとりです。
      時折はっとするような真実をついてくることがある。
      穏やかに過ぎていく文章にぼんやりしていると、大切な言葉に気づけない気がしてできるだけじっくり読みました。
      とはいえ、正直わからないときはわからない。なんとなく、人それぞれ共感したり強烈な気づきになる部分は違うんじゃないでしょうか。また、時間がたったら今とは違うところに感動するのでは。
      そう思って、何年か置いてからまた再読したいです。
      >> 続きを読む

      2016/02/01 by

      カンバセイション・ピース (新潮文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カンバセイション・ピース (新潮文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本