こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

小暮写真館I

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 宮部 みゆき
定価: 497 円
いいね!

    「小暮写真館I」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      宮部さんの話にしてはちょっとあっさりアサリ汁(笑)

      都立三雲高校・1年、通称花ちゃんこと花菱英一は
      両親のマイホーム購入のため新居に引っ越し
      ただそこは両親の酔狂(笑)もあり
      新居は『小暮写眞館』という看板がかかったままの
      古びた写真館を気持ちリフォームしたものだった…。
      ある日ひとりの女子高生がここで撮ったモノだ!!と言って
      1枚の心霊写真を置いていく
      親友のテンコやマイホームを斡旋してくれた不動産屋の須藤社長や
      事務員の垣本さんらの協力を得て
      写真に写ってる女性の泣き顔の謎を追うが…。
      花ちゃん探偵の要素あり(笑)

      なんと言っても新興宗教の嫌らしさ垣間見たよ←印象に残ったのがこの部分
      本人信仰してて幸せならそれでいいさ
      でもそれを強要して受け入れられないと分かると
      いない人間として扱う…
      いない人間として扱われた者の念…想いが
      いつしか現れてしまったんだね。

      『写真に意思があった』…まさにその通り

      "過去の幽霊"
      "切り取られた過去の断面"
      当時の想いが写ったモノだった…。

      >> 続きを読む

      2017/01/26 by

      小暮写真館I」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    小暮写真館I | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本