こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

レアリアIII(前篇): 運命の石 (新潮文庫nex)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 雪乃 紗衣
いいね!

    「レアリアIII(前篇): 運命の石 (新潮文庫nex)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      待ってました第3巻!
      発売を知ったときは叫んでしまったくらい。

      白の妃ネネに呼び出され、姿を消したアリル皇子。
      半ば諦めながらも彼を探すミレディア。
      二人が必死に互いを追い求める姿が胸に沁みた。
      特にミレディアの呼びかけに、アリルが蝙蝠の姿のまま駆けつける場面はこっちまで泣きそうになったり。

      過去を辿っていくことで、主要な人物・国の歴史もさらっていくことができる巻でもあった。

      アキを後回しにして、アリルを探すことを決めたミレディア。
      ちょっとムッとするアキも印象的だった。
      アリルを「好き」と認める巻でもあり、それも結局は後回しにすぎない、というところが物悲しく…。

      ラムザとのおそらく最後の心の通わせ合いも印象的で…ラムザに応えられない哀しみも、それでもラムザの手を取れない意志の強さもどちらも強く感じる。

      どこまでも悲しいのに、描写の一つ一つが美しくて、さらさらとよんでしまうことができず、なんとなくじっくり時間をかけて読んだ。

      最後のアリルの選択も、ええっというものだったけれど、それもまた愛ゆえ。
      少しずつ、物語の人物の意志が固まっていくのを強く感じる。
      前巻だけで余韻が強く、その余韻を味わいたくて、なかなか後巻に手が出せなかった。
      いっそ後巻の発売があと半年先でも待てたかも…と思いつつ、手にした以上は止められない。読みました。
      >> 続きを読む

      2018/01/05 by

      レアリアIII(前篇): 運命の石 (新潮文庫nex)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    レアリアIII(前篇): 運命の石 (新潮文庫nex) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本