こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

赤毛のアン

4.0 4.0
著者: モンゴメリ
カテゴリー: 小説、物語
定価: 540 円

カナダのプリンスエドワード島を舞台にアンが学校の友だちや家庭の中でくりひろげる、ゆかいで楽しい物語。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「赤毛のアン」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      新潮社 (2008/02)

      著者: L・M・モンゴメリ , 村岡花子

      他のレビューもみる (全10件)

      • 評価: 5.0

        7月の課題図書。

        この本に出てくる全てのものが美しく感じるのは、アン自身がキラキラした女の子だから。

        「恋人の小径」「妖精の泉」「すみれの谷」・・・なんて素敵なんだろう。

        周りの人たちへの接し方、仕事に対する考え方、日々の生活も、つまらないようで見方を少し変えてみるだけで、アンのように楽しく過ごせるのかもしれませんね。
        難しい部分は想像力で補ってみたりして。
        アンに近い年齢で読むと感情移入しやすいかもしれないけれど、そういう意味でとても勉強になりました。

        アンなら、パソコンだらけの仕事場の風景さえも、良いものに変えてしまうかもしれない。

        好きなシーンは、ミス・バーリー宅へ泊った出来事をマリラに語るところ。
        「でもいちばんよかったことは家へ帰ってくることだったわ」
        どんなに楽しい時間を過ごしても、グリン・ゲイブルズにはかなわない。
        アンの言葉に、マリラもマシュウもたまらない気持ちになっただろうなぁと容易に想像がつきます。
        おしゃべりなところも、好奇心旺盛で失敗が多いところも含めて、アンはみんなから愛されています。
        孤児での辛い経験があるから幸せになったというより、彼女が周りのものすべてを愛し、すばらしいものに変える力を持っていると感じました。

        アンとギルバートの二人が素敵な関係を築き始めて、続きも読んでみたくなりました。
        >> 続きを読む

        2017/08/23 by

        赤毛のアン」のレビュー

      • あすかさんお久しぶりです。
        最近は少しばかり回し車で運動をするようになったので、比較的元気に過ごしております。9月の暑さも厳しいゆえ、あすかさんも体調にはお気をつけください。

        >なんかね、私勢いでレビューを書いていたのですが、今読み直すと病んでいますね~。笑
        どんまいです!真夏のオフィスワークというのは、一層息の詰まるものかと思いますが、夏ならではの食べ物で乗り切りましょう♪専門店のかき氷なんかおすすめですよ。

        >大人になったらどうなるんだろう?
        そんな興味もあり、続編も読んでみたくなります。

        おお、前向きな意見でいいですね。ぜひぜひ続きも読んでレビューして下さい。
        僕はこどもの頃のアンが好きだったこともあり、後半の展開は喪失感が強く、続きが手に取れないんですよね。齧歯類特有の軟弱な精神なのであります。
        >> 続きを読む

        2017/08/29 by けやきー

      • けやきーさん
        回し車って可愛すぎでしょう。笑
        ハムスターのアイコン見ながら想像してしまいました♪
        「お元気ですか?」と聞いた私自身が、実は夏の暑さにバテています。
        朝晩はだいぶ涼しくなってきたので、お互い厳しい暑さを乗り切りましょう。

        わー、夏の食べ物良いですね!
        こんな時間ですが(夜11時前)かき氷食べたくなってきましたよー(*^▽^*)

        前向きと言ってもらえてうれしいです!
        2作目も同じような分厚さで怯みましたが、ギルバートとどうなっていくのかが気になるので追っていきたいです。いやー読みたい本ばっかり増えますねー(^^ゞ
        少しあらすじを読んでみましたが、後半は第一次世界大戦でテーマが重くなりそうですね。

        >> 続きを読む

        2017/08/29 by あすか

      講談社 (2008/07)

      著者: L・M・モンゴメリ , 村岡花子 , Haccan

      • 評価: 評価なし

        この本の名言をご紹介します。

        ***
        一生懸命やって勝つことの次にいいことは、
        一生懸命やって負けることなんだわ。

        2012/10/18 by

        赤毛のアン」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    アカゲノアン
    あかげのあん

    赤毛のアン | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本