こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ゴルフ場殺人事件

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 546 円

南米の富豪ルノーが滞在中のフランスで無惨に刺殺された。事件発生前にルノーからの手紙を受け取っていながら悲劇を防げなかったポアロは、プライドをかけて真相解明に挑む。一方パリ警視庁からは名刑事ジローが乗り込んできた。たがいを意識し推理の火花を散らす二人だったが、事態は意外な方向に......。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「ゴルフ場殺人事件」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      凝ったプロット、どんでん返し、ロマンスにどたばたに法廷劇に、
      探偵同士の意地の張り合い、しまいにはアクションシーンも飛び出すという
      いろいろなネタが詰まっていて、かなりがんばった作品だと思います。

      「ゴルフ場殺人事件」はなんと、創元推理文庫と新潮文庫とハヤカワ文庫(新旧訳あり)から4通りの翻訳が出ているのですね。
      私は早川の旧訳(田村隆一訳)で読んでいたのですが、図書館にあったので新潮文庫の翻訳のほうも読んでみてびっくりしました。、
      新潮文庫版のほうが、随分文章が(ページも)多い。
      早川文庫にはない文がかなり多く含まれているのです。
      この違いは、おそらく用いた底本の違いなのですが、
      どちらが本来の姿なのでしょう?
      ちょっと調べたところだと、文章を削った方が最終版らしいですね。
      状況説明的文章がこの削除された部分のようですので、
      無くても困らない、もしくは無くていい感じです。
      比べてみたいかたは試し読みしてみて下さい。

      お好みで翻訳者を選べるところはありがたいのですが、
      どちらがいいの?という悩みも出てきますね。

      翻訳者が違うということは何よりもニュアンスや印象の違いを生みます。
      例えばポワロとポアロという表記の違いもあります。
      (本当はPOIROTはポワロがフランス語読みとしては正しいのですが、
      日本ではポアロが定着しちゃってますよね)

      田村隆一訳との違いとしては、ヘイスティングズとシンデレラの会話に違いが顕著にみられます。
      田村さんの訳が好きなのですが、誤訳もあるのですよね。
      訳を比べると、確かに変な表現があったりします。
      (そこだけ直してくれればいいのになあ)

      蕗沢忠枝 訳の本書は、シンデレラの言葉については
      田村隆一訳よりもいいと思います。
      二人の出会いのシーンのやり取りは見どころでもあるので、
      きれいに訳してもらいたい部分でもあります。

      ただし、ポワロの言葉のほうはいい加減。
      一人称二人称の使用がまちまちで、「おれ」まで飛び出します。
      ヘイスティングズのポワロへの言葉もちょっとぞんざいで、なんか、敬意が薄い感じ。
      私はポアロ・シリーズは、彼のキャラクター設定で翻訳本を選んでいるので、
      「おれ」が出てきた時点でNGです。すみません。
      >> 続きを読む

      2012/09/21 by

      ゴルフ場殺人事件」のレビュー

    • dokusholog様 いつも迅速なご対応をありがとうございます。

      ・オリエント急行殺人事件
      ・そして誰もいなくなった
      ・スタイルズ荘の怪事件

      すべてスタンダードな名作なので、リンクがあるととても便利かと思います。
      ご尽力痛み入ります。<(_ _)>
      ついでにお願いしちゃいますが、「アクロイド殺し」もぜひよろしく。
      「アクロイド殺し」「アクロイド殺害事件」「アクロイド殺人事件」とタイトルはばらばらですが、
      これらすべて同じ本となります。
      >> 続きを読む

      2012/09/24 by 月うさぎ

    • Tsukiusagiさん

      「アクロイド殺し」にも対応致しました。

      2012/09/24 by 読書ログ

    関連したレビュー

      早川書房 (2004/01)

      著者: 田村隆一 , アガサ・クリスティ

      • 評価: 3.0

        クリスティの3作目にしてポアロの第2作目。
        どんでん返しがいっぱい。
        この物語はノリが軽くて妙な雰囲気なんです。
        ポアロの相棒でワトソン役のヘイスティングズの恋愛に
        ポアロ対フランス警察のジローとの対抗戦が見もの。
        ポアロったらジローと事件の解決勝負の賭けまでしちゃいます。

        ヘイスティングズときたら、たった2冊の中で、4人の女性に恋をして、
        2人にプロポーズしてる。
        なんて、純粋で惚れっぽい男なんだ(^m^ )
        連続殺人らしき事件も起こり、怪しいなかにコメディーの要素もあり。
        なんとアクションシーンも飛び出します。
        ちょっと雑ですが、盛りだくさんで楽しい作品です。

        ポアロに「人間猟犬」扱いされるジローという刑事がポアロの引き立て役となり
        最後まで笑わせてくれます。
        この作品で、クリスティは、ポアロを些細な「物証」よりも
        事件の論理的な筋道をたどる方法で犯人を捜すという操作方法を明確に打ち出しています。


        「パパ・ポアロ」のヘイスティングズに対する温かい視線がなんともほほえましい。
        ヘイスティングズって、こんなにアホだったかしら?
        とは、思いましたけど。
         
        それにしてものんびりした時代のお話で、現代なら考えられないことだらけです。
        被害者の遺体をそのまま物置に置いておくとか、凶器を厳重保管しておかないとか。
        凶器も手で触ってるし~。(^_^;)
        現代の警察でこんなことがあったら、大問題だろうなあ。

        シンデレラのセリフで、その訳は変。と思う部分が数カ所。
        言葉づかいも古めかしいことは否めませんが、それでも田村隆一氏の翻訳が私は好きです。
        >> 続きを読む

        2012/09/20 by

        ゴルフ場殺人事件」のレビュー

      • 月うさぎさん
        「デビッド・スーシェ」・・・名前さえしりませんでした。
        読んでみましょう。
         実は大御所PD・ジェイムズもまだ読んでいません。
        ミネット・ウォルターズはちょっと敬遠ぎみです。
        コリン・デクスターは一冊読んでどうもあわない感じでした。
        ディック・フランシスはほぼ翻訳されたものは読みました。
        一時熱狂的なファンでした。もう新作はありえないので寂しいです。
         ピーター・ラヴゼイもレジナルド・ヒルも
        とんでもない知的な感じですね。
         それを隠そうというかテレもあるのでしょうね。
        ダイアモンドもダルジールもスノッブです。
        やたらに品のないオッサンたちです。
        そこがいいのですが・・・。
         ピーター・ラヴゼイには歴史に取材したシリーズもあり
        その中で「偽のデュー警部」はすごい傑作です。
        >> 続きを読む

        2015/08/07 by 俵屋金兵衛

      • 俵屋金兵衛さん
        >「デビッド・スーシェ」・・・名前さえしりませんでした。
        いえいえ知らなくて当然です。作家でも探偵でもなくTVシリーズでポアロを演じている俳優さんなの。
        誤解させてすみません。
        スーシェのポアロがお好きじゃないのかと思ってしまいました。
        ポアロ全作品(短篇まで含み)を映像化するという壮大なプロジェクトで
        スーシェが全作品を演じきっています。
        最後の作品「カーテン」まで…。
        それだけ彼のポアロを歓迎するファンが世界的に多い証拠なんですが、
        (私も数作しか見ていませんが)映画と違って、ストーリーは小ぶりになりがちかと

        私もフランシスは一時熱狂してまして、そればかり読んでいましたね~。
        やはり競馬シリーズの方が職業ものよりも好きでしたが。
        英国の小説は主人公たちがカッコいいんですよね。
        もちろん欠点もあるけれど、それも含めて、毅然とした何かを持っていて、
        きつい冗談を言おうが、自堕落な生活をしようが、心のどこかがストイックで。

        >「偽のデュー警部」はすごい傑作です。
        ぜひ読んでみたいと思います。調べてみたらとても好みっぽい感じです。
        >> 続きを読む

        2015/08/07 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ゴルフジョウサツジンジケン
    ごるふじょうさつじんじけん

    ゴルフ場殺人事件 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本