こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

消されかけた男

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: ブライアン フリーマントル
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円

どこから見ても風采の上らない英国情報部のチャーリー・マフィンは、KGBヨーロッパ・スパイ網の責任者ベレンコフを逮捕したこともある腕ききだが、部長が交替してからは冴えない立場に追いやられている。折しも、ベレンコフの親友カレーニン将軍が西側に亡命を望んでいるとの情報が入った。チャーリーはどこか臭いところがあると警告したのだが...。ニュータイプのエスピオナージュ。

いいね!

    「消されかけた男」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      東西冷戦時代におけるエスピオナージ。イギリス情報部のチャーリーは、かつてソ連の大物スパイを捕まえた事もある実力者であるが、組織のボスが変わってから疎まれれ追いやられる生活をしていた。そんな中、ソ連情報の重要人物が亡命をほのめかし…。
      久しぶりにラストで「やられた!」となったスパイ小説。話も読みやすく、一気に読んでしまった。
      主人公のチャーリーは風貌こそ冴えない中年だが、実はナイフのような切れる人物で、そのギャップが面白い。
      これはシリーズ通して読みだい作品。

      2014/07/23 by

      消されかけた男」のレビュー

    • 一気に読めて、ラストも面白いとなると、ハマってしまいそうです!
      本屋さんで探してみます。 >> 続きを読む

      2014/07/23 by coji

    • こういう歴史系のもの興味あります!
      面白いということなのでぜひ読んでみたいです(^^) >> 続きを読む

      2014/07/23 by マカロニ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ケサレカケタ オトコ
    けされかけた おとこ

    消されかけた男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本