こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

キャリー

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円
いいね!

    「キャリー」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      キングの名前を有名にした作品であり、何度も映像化された有名なこの本を、今まで読んだことがなかった。キングの他の作品はいくつか読んできたのに、こちらを読まなかった理由は、我が事ながらよくわからない。

      超能力を持つキャリーは、狂信的な母親に支配されるように育つ。
      学校で突然初潮を迎え、母親から何も聞かされていないキャリーはパニックを起こす。そんなキャリーを同級生がからかい、キャリーの秘められた力は大勢のひとの前で発現されてしまう。
      暗くいじめられてばかりのキャリーも卒業を控えプロムに人気者のトミーから誘いを受ける。

      こう始まり、キャリーに対して悪意を向ける同級生の酷いイタズラによって、町中が恐怖に包まれるという、パニックホラーというか何系のホラーだかよくわからないけれど、有名なホラー小説だ。
      小説を読んでいなくても映画を観たのなら、頭から豚の血を浴び血塗れのキャリーが力を発揮するところなど、衝撃的なシーンの多い作品と記憶されているだろう。わたしはそうだった。

      原作である本書は、物語を時系列に書くのではなく、事件後の記事や書籍などの間に当時の物語を挟む形であるため、物語自体を知らないで読むとわかりにくいかもしれない。
      作品をいくつかは書いていても、発表されていない若いキングなので、普通に書いては面白くないと趣向を凝らしたくなっても仕方ないところだろう。

      母親が娘に及ぼす影響というのは計り知れないものだと、今回読んで思う。わたしも気づかないうちに母親の影響はおおいに受けていることを日々実感している。

      この作品では、血を流すという場面が象徴的によく使われている。
      キャリーの心が傷つき、まさに血を流しているところを巧みに表現している。また、映像化を考えているはずもないキングであっても、その後多くの作品を映像化されることからしても、視覚に強く訴えかける手法を既に心得ていたのかもしれない。

      キャリーは痩せぎすな少女を勝手にイメージしていたが、読んでみると寧ろ太り気味な少女と描かれている。
      母親や学校でのストレスから過食に陥っているということらしい。ストレスだと食べられなくなるわたしなのでキャリーもそうだと決めつけていた。過食するタイプのひとも多いので問題ない。アメリカは手軽にカロリー摂取出来そうなものが多いようだから、過食で太る方が理にかなっているかもしれない。

      今回ようやく「キャリー」を読んだので、次は「シャイニング」を読んでみたい。
      キングは「シャイニング」の映画は嫌っていたらしいので、映画との違いにも興味がある。あのドアをぶち破って隙間から顔を出してニヤリと笑うシーンなんて、映画史に残るしわたしの記憶にも刻みついているけれど。

      キングも気に入りの映画「キャリー」が観たくなる読書だった。
      >> 続きを読む

      2016/09/06 by

      キャリー」のレビュー

    • 映画を見てから小説を読んだとき、何と深くて大きな物語だったのかと。映画は学校だけ、小説は町全体が舞台になりましたものね。思わず原書を求めて頑張って読んだほどです。母親になってから読み返すと、キャリーが私の娘たちにかぶって、涙無くては読めなくなったりしました。10代の子はみんな自分に自信がなく、衝動を抑えきれない時もありますしね。 >> 続きを読む

      2016/09/06 by 紫指導官

    • 紫指導官さん
      コメントありがとうございます。

      原書が読めるって素敵ですね。わたしももう少し英語をきちんと勉強しておけば良かったです。
      読む時期によって読み方や考え方が違うので、同じ本でも得るものが変わってきますね。そこが読書の面白いところですよね。
      >> 続きを読む

      2016/09/07 by jhm


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キャリー
    きゃりー

    キャリー | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    カブトムシ 山に帰る

    最近チェックした本