こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

殺人者はいかに誕生したか

「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く
4.5 4.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 社会病理
定価: 1,680 円

閉ざされた記憶、明らかになる事件の真相...。勾留施設での面会と往復書簡から炙り出す、その凄絶な生育歴。

いいね!

    「殺人者はいかに誕生したか」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      テレビのニュースや新聞で目にする凶悪犯罪者は残酷で気狂いで到底理解できない人だと思っていた。ところがこの本を読み、子どもの頃に父親の暴力や母親から愛情を注がれないなど家庭環境が悪かったり、身体障害が故に心無い言葉やいじめを受けたりと心に傷を負う「被害者」である彼らをみた。母親に「生まれてこなければよかった」と言われた思いは考えただけで涙が出そう。だからといって殺人は許されない。どうすれば彼らを、彼らのような人を「加害者」になる前に救えるんやろう。

      2016/11/26 by

      殺人者はいかに誕生したか」のレビュー

    • 家庭内暴力の問題でよく同じことを考えます。子供に暴力をふるってしまう人はやはり親から暴力された人が多いですよね。愛情たっぷりのパートナーと出会ってその悲しすぎる連鎖が止まればよいと心から思います。 >> 続きを読む

      2016/11/27 by chao

    • 家庭内暴力は連鎖するといいますよね。私は虐待に関しても同じことを考えます。越えてはいけない領域をすでに経験していたら、ハードルが下がるということなのでしょうか。深い愛情で心の傷を癒し、自分の感情をコントロールする力を身につけていけたらいいなと思います。 >> 続きを読む

      2016/11/27 by shiho

    • 評価: 5.0

      図書館にて。

      これまで他の書籍等で受けていた加害者の印象が覆る。
      「本当は…」、「何故事件はおこったか」、は時間をかけて自分なりに向きあわないと誰にもわからないものかもしれない。

      子供時代に幸福感を感じさせてあげられない人間を生む悲しい社会に抗う道って何だろう。

      司法制度は量刑判断のためにしか「何故」の部分を追求しない。再犯防止のための「何故」の部分に割かれる時間や労力を法的に保証する必要があるという臨床心理士である長谷川博一さんの「かすれた声」を大きな声にしていかなくてはいけないと思う。
      >> 続きを読む

      2015/09/16 by

      殺人者はいかに誕生したか」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サツジンシャワイカニタンジョウシタカ 10ダイキョウアクジケンオゴクチュウタイワデヨミトク
    さつじんしゃわいかにたんじょうしたか 10だいきょうあくじけんおごくちゅうたいわでよみとく

    殺人者はいかに誕生したか - 「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本