こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社

5.0 5.0 (レビュー2件)
著者: 御手洗 瑞子
定価: 1,512 円
いいね!

    「気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      被災地だから、人々は苦しく大変な暮らしをしている―。メディアが切り取る一面ではない、明るく楽しくたくましく生きている人々の姿が印象的な実話です。

      編み手さんが望むのが「ずっとこの仕事を続けていきたい」ということ。こう言えるって、すごく素敵なことですよね。

      2015/10/24 by

      気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社」のレビュー

    • 著者(社長)の御手洗さんは只者ではないですね。
      プロフィール
      1985年東京都生まれ
      2008年東京大学経済学部卒業。経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー勤務を経て、2010年9月より1年間、ブータンで初代首相フェローを務め、主に、ブータン観光産業の育成に従事。2012年に株式会社気仙沼ニッティングの設立に参画。2013年から代表取締役。

      > 明るく楽しくたくましく生きている人々の姿が印象的
      ……を創出する才智と行動力は凄い。でも、彼女を特別な人と捉えるんじゃなくて、その会社と働く人が素敵って言えるのも「素敵」です。
      >> 続きを読む

      2015/10/24 by junyo

    • 評価: 5.0

      気仙沼でニット会社を立ち上げ軌道にのせるまでの若手女性経営者のお話し。
      地域の永続的な発展・繁栄のために、いかに良い会社を作り良い商品を製造していくかを苦悩しながら、一つずつ解決していく経営者の姿は社会企業家がなんであるかを考えさせられ、読み終わった後にはこの会社のファンになってしまった。

      2015/09/22 by

      気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本