こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

プロ野球血風録

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 球技
定価: 1,365 円

球団オーナーとは何者か?本当の名監督は誰か?選手獲得競争の実態とは?プロ野球秘話満載。球団経営のすべてを知る男が、裏の裏を語り尽くす。

いいね!

    「プロ野球血風録」 の読書レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      「プロ野球血風録」の著者・坂井保之は、ロッテオリオンズ、西武ライオンズ、福岡ダイエーホークスなど、長年に渡って球団経営に携わった生き字引とも言える人物だ。

      球団の身売りや新球団設立、最下位から日本一まで経験し尽くした説得力は圧巻だ。

      プロ野球の主役であるユニフォーム組とは対極の位置にあるフロント。
      勝敗のすべては一見、監督にありそうでも、実はフロントの編成上の責任も多大だ。

      社会の公共財として、国民文化の一端を担うプロ野球。
      その運営の厳しさ、難しさ、重要性を問いかける貴重な書になっていると思う。

      オーナーのもとで、球団経営を支え、陰の部分で耐え続ける野球人の孤独。
      今までにない、全く新しい野球観戦の視点が伝わってきますね。

      >> 続きを読む

      2020/05/02 by

      プロ野球血風録」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    プロヤキュウケップウロク
    ぷろやきゅうけっぷうろく

    プロ野球血風録 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本