こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

か「」く「」し「」ご「」と「

3.9 3.9 (レビュー7件)
著者: 住野 よる
定価: 1,512 円
いいね!

    「か「」く「」し「」ご「」と「」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      「気になる」から、「好き」になるまでの心の揺れ。・・・う~、そんなことあったっけか? そんな自分の学生時代を思い出してしまったこの作品。他人の心を記号や数字で見えてしまう少年少女。相手のことを思い、かばい、挑発し、受け入れる。探りあうことよりも自分がしたいことに向き合おう、とする姿が瑞々しい。登場人物たちの言動に「なんで?」と理解できないところもあったけど、「オッサンにわかってたまるかよ~」という声が聞こえた気がして、苦笑いしかできない。

      2018/03/08 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 5.0

      【空回りしながらも懸命に進む、僕らの秘め事】人には言えない特殊能力を身に付けた高校同級生達が、誤解や勘違いをしながらも仲間との絆を深め、将来に向かって歩む青春×謎グラフィティ。人の感情が手に取るように分かったらどれだけいいだろうと誰もが一度は夢想する。人の感情が視覚化して分かってしまうからこそ、勝手に思い込んだり、色々と気を揉んだり、考えすぎてしまう弊害があった。きっと、特殊能力がない僕らも、各々の価値観で、現実認識してる。何もかも分かりあう必要はなく、素直に確かめればいい。爽やかな余韻が胸に心地いい。

      パラの適当にお気楽で何にも考えていないようで、その実、人の事をかなり観察して、相手の気持ちを凄く気にして行動をとっている所やエルの自意識過剰で、相手に嫌われないように、ビクビクしている所は、なんだか自分に重なって、共鳴のようなものを感じながら、最終的に仲間に支えられ、成長していく姿を眩しく思いました。ミッキーと京も、誤解やすれ違いがあっても、お互いの気持ちに正直になって、変に気を使わず、ありのままの言葉をさらけ出せば、とても素敵なカップルになると思う。
      五人とも、相手を思いやれるいい奴ばかりなので、10年後、タイムカプセルを掘り起こしに集まる時、自分の心と向き合ったからこそ、得られる強くて魅力的な大人になって幸せを掴んでいると信じてます。
      自分も負けないよう、自分の心と向き合って、ありのままで、人と関われたら、いつかこんな風に、仲間と笑いあえる関係を築けるのだろうか。
      >> 続きを読む

      2018/01/03 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 3.0

      五人の男女のクラスメイトの話。
      お互いに相手のことを気遣ったりしながら、時には恋愛感情もあったりと、
      青春な話。
      それぞれが主人公になりつつ話がすすむ。

      か「」く「」し「」ご「」と「
      の題名にはいろんな意味があるのね。 >> 続きを読む

      2017/08/16 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 5.0

      人はみな干渉しあって生きている

      2017/06/21 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 4.0

      住野さんの新作ということで早速読んでみました。
      タイトルの付け方がおもしろいなぁと思いました。
      プロローグがすべて会話文ということに最初は少し戸惑いましたが
      読み進めていくうちに色々と理解することが出来ました。
      共感できる青春小説、と帯に書いてあったので現実的な話かと思いきや意外とファンタジーっぽいというか。
      登場人物それぞれが能力のようなものを持っているという設定なのが、斬新だなぁ、という感じでした。
      主人公たちそれぞれの視点で書かれているので気持ちの変化とかは読み取りやすかったかなと思います。
      次回の作品も期待したいと思います!!
      >> 続きを読む

      2017/05/12 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    か「」く「」し「」ご「」と「 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本