こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

か「」く「」し「」ご「」と「

3.8 3.8 (レビュー10件)
著者: 住野 よる
定価: 1,512 円
いいね!

    「か「」く「」し「」ご「」と「」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      「」「」「」「」「」






      特殊能力をそれぞれもっているのを「かくしている」のか…
      作者さんの作品は「膵臓」とコレで2冊目。
      ペンネームといい、「膵臓を食べたい」というタイトルも、インパクト勝負な人との印象。
      膵臓の主人公の名前のシーケンス、本作でもそういう何か取り決めた様式で組み立てていくというやり方、アイデア。
      他に読んでない僕ごときの感想ですが、ストーリーテリングよりもアイデアやインパクト勝負な感じですな(^_^;)
      これってもっと尖ってれば芥川賞作家に通ずるとも思うんですが…

      (amazon解説)
      きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。ベストセラー『君の膵臓をたべたい』の著者が贈る、眩しくて時に切ない、共感度 1の青春小説!
      >> 続きを読む

      2018/11/01 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 5.0

      この著者は若者のくだけた口調がわざとらしくないのがいいと思う。
      だから感情移入しやすい。

      それと京くんやエルのような、劣等感の強いキャラクターをちゃんとキモくなく書いてくれるのがいい。
      この調子で内向的な人間の思考回路を一般の人へ理解してもらう普及活動をがんばってほしい。

      2018/10/31 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 5.0

      何となく敬遠していた住野さんの初読み本。読まず嫌いで申し訳なかった…。どんなものかと思いながら読んだ最初の話に叙述トリック要素があったせいもあって、つかみはばっちり。秘密を抱えた高校生たちが本当に可愛らしくて、みんなに幸せになってほしいと思いながら読んだ。おまけストーリーも蛇足にならずにいい話だった。

      2018/09/24 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 4.0

      「気になる」から、「好き」になるまでの心の揺れ。・・・う~、そんなことあったっけか? そんな自分の学生時代を思い出してしまったこの作品。他人の心を記号や数字で見えてしまう少年少女。相手のことを思い、かばい、挑発し、受け入れる。探りあうことよりも自分がしたいことに向き合おう、とする姿が瑞々しい。登場人物たちの言動に「なんで?」と理解できないところもあったけど、「オッサンにわかってたまるかよ~」という声が聞こえた気がして、苦笑いしかできない。

      2018/03/08 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    • 評価: 5.0

      【空回りしながらも懸命に進む、僕らの秘め事】人には言えない特殊能力を身に付けた高校同級生達が、誤解や勘違いをしながらも仲間との絆を深め、将来に向かって歩む青春×謎グラフィティ。人の感情が手に取るように分かったらどれだけいいだろうと誰もが一度は夢想する。人の感情が視覚化して分かってしまうからこそ、勝手に思い込んだり、色々と気を揉んだり、考えすぎてしまう弊害があった。きっと、特殊能力がない僕らも、各々の価値観で、現実認識してる。何もかも分かりあう必要はなく、素直に確かめればいい。爽やかな余韻が胸に心地いい。

      パラの適当にお気楽で何にも考えていないようで、その実、人の事をかなり観察して、相手の気持ちを凄く気にして行動をとっている所やエルの自意識過剰で、相手に嫌われないように、ビクビクしている所は、なんだか自分に重なって、共鳴のようなものを感じながら、最終的に仲間に支えられ、成長していく姿を眩しく思いました。ミッキーと京も、誤解やすれ違いがあっても、お互いの気持ちに正直になって、変に気を使わず、ありのままの言葉をさらけ出せば、とても素敵なカップルになると思う。
      五人とも、相手を思いやれるいい奴ばかりなので、10年後、タイムカプセルを掘り起こしに集まる時、自分の心と向き合ったからこそ、得られる強くて魅力的な大人になって幸せを掴んでいると信じてます。
      自分も負けないよう、自分の心と向き合って、ありのままで、人と関われたら、いつかこんな風に、仲間と笑いあえる関係を築けるのだろうか。
      >> 続きを読む

      2018/01/03 by

      か「」く「」し「」ご「」と「」のレビュー

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    18人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    か「」く「」し「」ご「」と「 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本