こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

劇場

3.5 3.5 (レビュー4件)
著者: 又吉 直樹
いいね!

    「劇場」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      芥川賞受賞後の次作

      やはり文体がおもしろい。
      正統派に「芥川賞作家」らしい文体w

      私小説(芸能的な意味で)書きの域は脱しないけれどおもしろく読んだんでOKです。
      このテンションで600ページくらいの本を書いたら脱帽します。

      今後も注目して読みたい作家さんです!
      >> 続きを読む

      2018/07/07 by

      劇場」のレビュー

    • 評価: 3.0

      (図書館本)お勧め度:☆6個(満点10個)。

      うーん、前作に引き続き、あまり感情移入が出来なかった。どうも、文章字体があまりにも抽象的でリアリティがなさすぎる。もうすこし、文学的な表現はやめて、すっきりとした表現ができないものか?と思うのは私だけだろうか?

      内容的にはどうってことない恋愛小説を読まされているみたいだったけど、主人公の永田ってえらいむかつく、劇作家だろうが何だろうがいかにも屁理屈ばかりで彼女を困らせ、要するに呈のいいヒモじゃないか。

      最後の最後で彼女の存在にはっきりと誠意をもって答えられたのはめでたしめでたしだったけど、要するにヒモが女と別れた話だったのかな?ちょっと違うきもするけど・・。 >> 続きを読む

      2017/08/20 by

      劇場」のレビュー

    • 評価: 3.0

      【うだつのあがらない僕は大切な人を傷付けながら生きていく】自意識肥大ルサンチマン恋愛ストーリー。面白い面白くないと言うより、今現時点の自分に刺さるフィーリングでした。僕自身が永田にかなり近い性格をしている為、客観的に見ればこんなにクズでどうしよもない奴に見えるんだなと。大切な彼女に寄生して、罪悪感を燻らせながら、今まで無縁だった大人としての常識を理解していく。世の中強者が評価され、弱者は省かれる。沙希の純朴さに劣等感を感じる永田の気持ちは痛いほど分かった。思い返せば辛い日々もいつかは自分の糧になるはずだ。 >> 続きを読む

      2017/08/05 by

      劇場」のレビュー

    • 評価: 3.0

      ミーハーな私は芥川賞作家、又吉先生の新作を早速購入しました。
      今回は恋愛小説。読みやすいという評判でしたが、
      冒頭の描写、表現の豊かさはお笑い芸人とは思えないほど素晴らしいものを感じました。
      主人公演劇脚本家の卵、永田と恋人の沙希との恋愛物語ですが、
      主人公が暗くてムカツク、(こういう人間を描きたかったのでしょう。)
      その逆で沙希は献身な素直な女性、その対比がまた物語をもどかしく、
      ムカつきながらも読んでしまいます。(笑)
      朝日新聞の寸評にもありましたが、
      沙希の心理、女性はどう感じてこの恋愛を続けていたのか?が知りたい。
      そして読後感というかエンディングが私の好みではない。これは火花も同様である。
      >> 続きを読む

      2017/05/21 by

      劇場」のレビュー

    • >冒頭の描写、表現の豊かさはお笑い芸人とは思えないほど素晴らしいものを感じました

      そうなんですね!
      私はどうしても「あの又吉が書いた!」というフィルターなしには読めなそうで、なんとなく手を出さないでいますが、ちょっと読んでみたい気もします☆
      >> 続きを読む

      2017/05/22 by chao

    • フォローありがとうございます。
      売れているのは普段本を読まない人が多いようです。
      書活性化には良い機会と思っております。 >> 続きを読む

      2017/05/22 by わくさん


    最近この本を本棚に追加した会員

    13人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    劇場 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本