こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

学問

2.5 2.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。4人は友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。一歩一歩、大人の世界に近づく彼らの毎日を彩る生と性の輝き。そして訪れる、それぞれの人生の終わり。高度成長期の海辺の街を舞台に4人が過ごしたかけがえのない時間を、この上なく官能的な言葉で紡ぐ、渾身の長編。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「学問」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      小学生の男子2人女子2人の四人組の成長を1人の女子を中心に描いた物語。読みはじめた時は、児童文学かと思ったが裏山の隠れ家に女子の1人が週刊誌の付録である夫婦の夜の営みを持ってきたあたりから、あー、これは山田詠美の小説だと思った。その後は性の目覚めや自慰についての話が展開され、最終的には1人の女子が1人の男子に抱いてきた恋心とも呼べない、憧れとも呼べない複雑な心境に気付くことになる。4人の個性がよく描かれててまたそれがうまく噛み合っている様子が気持ちいいが、ストーリー展開としては今ひとつのめり込ませるようなものが少なかった。特に理解できないのは学問という題名である。 >> 続きを読む

      2017/05/27 by

      学問」のレビュー

    関連したレビュー

      新潮社 (2012/02)

      著者: 山田詠美

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 4.0

        欲望について書かれている本。
        食欲、睡眠欲、性欲。それぞれへの貪欲ぶりの表現は巧い。
        日常の中でのちょっとした心情の変化を表わすのもやはり巧い。
        登場人物の死亡記事を一部毎にはさみ、書いていない部分まで分からせてしまう構成も良かった。

        なんというか、読み終わった後の感想が「さすが巧いな」というもので、
        昔彼女の本を片っぱしから読んでいた時に感じた頭をがつんと殴られたような衝撃や、
        自分を変えてしまうほどの影響力というようなものはなかった。
        山田詠美は大好きな作家なので、どうしても読む前には大きな期待をしてしまう。

        読む時期が違ったのかもしれない。
        本書では、子供から思春期の時代を扱っているが、私はその時代を過ぎてしまったし、
        その時代をアルバムを捲るように振り返る程、離れきってもいないのだ。


        この本の本筋とは関係ないが、印象に残った台詞がある。
        「でもね、私の信条は、一見は百聞にしかず、なんだよ」というもの。
        自分がまだ見ない、もしくは一生見たり感じたりする事のない何かを理解したくて、百回本を読むのかもしれない。
        >> 続きを読む

        2012/04/29 by

        学問」のレビュー

      • >chaoさん
        逆に読む時期がぴたりとはまった本は凄く得した気分になりますよね♪
        み頃になったら背表紙が光って知らせてくれたらいいのにと思います。
        >> 続きを読む

        2012/04/30 by Iris

      • Irisさんが「さすが巧いな」とおっしゃる山田詠美作品。
        是非とも読んでみたいと思います!

        >読み頃になったら背表紙が光って知らせてくれたらいいのに
        とても素敵な発想ですね♪想像したらわくわくしちゃいました♪
        そんな風に知らせてくれたら、一日中図書館に籠って、背表紙の光る本を逃すまいと読書づけになっちゃいます。笑
        >> 続きを読む

        2012/10/05 by tomomo


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ガクモン
    がくもん

    学問 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本