こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

電車男

3.5 3.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,365 円

恋愛経験ゼロのオタク青年が、電車内で酔っ払いに絡まれた美女を助けた。やがて彼女からお礼の品が!お近づきになるにはどうしたら...。困った彼はネットの掲示板に助言を求めた。意外にも、まるで自分のことのように彼「電車男」を応援する掲示板の住人たち。彼らに勇気をもらい、電車男は立ち上がる!日本中を熱狂させた奇跡の純愛物語。電車男が自ら語る後日譚のオマケ付き。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「電車男」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0


      ひとりの青年が、ネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」に、ある体験を書き込んだ。

      電車の中で酔っ払いに絡まれる女性を勇気を振り絞って助けた。
      数日後、彼のもとに、かの女性からお礼のカップが届く。

      二十二歳のその日まで女性とまったく縁がなかった彼は、動転し掲示板に助けを求める。
      「電話をかけたい。もう一度話したい。でもどう話しかけたらいいんだろう。」
      見るにみかねた掲示板の投稿者たちが、彼にアドバイスを始めるのだった-------。

      今や日本で最も有名になった匿名青年「電車男」の物語だ。
      この中野独人の「電車男」は、その投稿の一部始終をまとめた抱腹絶倒のノンフィクションだ。

      一見はやりの純愛ブームに便乗した愛の物語のようだが、この顚末には、恋をしたことのある人なら誰にでも覚えがある、恋愛への欲望と計算とぶざまが惜しげもなくさらされているという点で、「裏ソナタ」とでも言うべき等身大の魅力に満ちていると思う。

      そして、チャーミングなのは、何と言っても、よってたかって彼に忠告をするネット投稿者たちの存在だ。
      彼らのほとんどが、実は彼と同じように日頃、女性と接触のない男性たちで、それゆえ、そのアドバイスは時に深読み、時に迷走、そして暴走する。

      生まれて初めて女性に電話をかける「電車男」を励ます言葉が「小学校の時に最初で最後の下着泥した勇気でよければくれてやる!」。

      やがて彼は、見知らぬネット投稿者に支えられ、「電車男」は、愛と勇気に彩られた奇跡の二カ月を生み出すことになるのだが-------。

      この物語を空前絶後の恋愛と見るか、マインドコントロールされた若者の貧しい恋愛劇ととるか、はたまたすべてが仕組まれた壮大な作り話と割り切るかは、読み手の感性にかかっていると思う。

      この小説は、笑って笑って、そして最後に訪れる奇跡の瞬間に心揺さぶられる一冊だ。

      >> 続きを読む

      2018/10/27 by

      電車男」のレビュー

    • 評価: 3.0

      もはや私が紹介するまでもなく話題になった本、電車男。
      2ちゃんねるがそのまま本になっているので、横書き、アスキーアート、2ちゃんねる用語満載。

      当時は今ほど2ちゃんねる用語を知らなかったので(今もあまり知りませんが)洗礼を受けた感じだった(笑)

      これは一般の小説とは全くの別物なので同じ土俵で評価すること自体違うと思うが、捏造だろうとサクラがいようと、当時このアイデアは斬新だったと思う。

      エルメスさん、素敵です。
      >> 続きを読む

      2012/11/18 by

      電車男」のレビュー

    • chibadebu的男子が市民権を得ると同時に、当時は一瞬モテたと聞いたことが有るんだな。

      モテたかどうかはリアルタイムでは知らないんだけど、眉唾っぽい気がするんだな。
      >> 続きを読む

      2012/11/18 by chibadebu

    • 今更ながらドラマを観はじめました。

      現在、第1話の途中まで観て、何ヶ月か放置中(笑 >> 続きを読む

      2012/11/19 by ice


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    デンシャオトコ
    でんしゃおとこ

    電車男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本

    中野独人の作品