こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

コレラの時代の愛

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 3,150 円

夫を不慮の事故で亡くしたばかりの女は72歳。彼女への思いを胸に、独身を守ってきたという男は76歳。ついにその夜、男は女に愛を告げた。困惑と不安、記憶と期待がさまざまに交錯する二人を乗せた蒸気船が、コロンビアの大河をただよい始めた時...。内戦が疫病のように猖獗した時代を背景に、悠然とくり広げられる、愛の真実の物語。1985年発表。

いいね!

    「コレラの時代の愛」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      こんなレヴューの書き方は良いのか悪いのか逡巡したのですが、、、

      昨日、花見に行った公園、地元みたなものなのですが、その有料植物園にアーモンドの木があり桜のような花がいっぱい咲いていてびっくり。

      で、

      「コレラの時代の愛」のレビューなのですが、

      私は生涯の小説ベスト3にこの作品が脳裏にいつもあるのですが、もう過去に読み、そう書いてはいる反面、内容は長編という事もあり結構忘れているのです・・・

      なのによく覚えてる描写に、

      (アーモンドの木の下で読書をするフリをする)

      描写があり、すごくアーモンドの木を花を実物を見たい衝動に当時駆られ、ゴッホの「アーモンドの花」のポスターを買って部屋飾ったり、、、県外に季節外れの時期にアーモンドの木を見にいったり。だから今回、満開の花と灯台下暗しって事でまたこの作品を引っ張り出しこうして書いているわけです。

      本自体は恋愛ストーリーで、とても長く、またガルシア・マルケスさん独特の描写はねっとりまとわりつく?!感じの描写で読むペースはかなり自分的にはゆっくり確実に熟読玩味しないと頭にスラスラ画像が描写処理が大変だった記憶があります。他の作品も何冊か読んだけどそんな感じでした。

      この作品に限らす、小説読んでいたら、その描写に刺激を受けて、たばこだったり、酒だったり、音楽だったり、現実にマネした事があります。皆さんもきっとそんな経験あると思うのです!

      って感じで思わず、過去に読んだ作品のレビュを書いたわけです。

      桜もよいですが、皆さまも機会があればアーモンドの花も今見ごたえで綺麗なので、ぜひ!おススメです。

      映画の実写もよかったです!

      私は作品を2度読み返す事はないのですが、また読み返してみたい作品です!

      結構アーモンドの木の情景描写がでた記憶ありますが、海外の作品には国内小説にない世界がまた刺激的で好きですね!

      おわり。
      >> 続きを読む

      2018/04/04 by

      コレラの時代の愛」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コレラノジダイノアイ
    これらのじだいのあい

    コレラの時代の愛 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本