こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

白い犬とワルツを

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,890 円

57年間連れ添った妻を失っても生き抜こうとするサム。そんな彼を心配する子供たち。サムにしか見えなかった白い犬はやがて...。あなたも大切なひとといっしょに白い犬をさがしてみませんか?130万部ベストセラーの愛蔵版。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「白い犬とワルツを」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      新潮社 (1998/01)

      著者: テリー・ケイ , 兼武進

      他のレビューもみる (全10件)

      • 評価: 3.0

        「白い犬とワルツを」。このタイトルとふんわりした表紙のイラストからとてもファンタジックな夢のある物語だと思っていたが、全く違ってそのギャップに驚いた。この本はファンタジーなんかではなく一人の男の人生を描いた本なんだと思った。

        この本に出てくる白い犬。本当にいたのか幻想だったのかわからないけど、なんとなく人生の残り少なくなってきたその時に見えるものってその人の人生を表しているような気がして、そう思うと白い犬が出てきたのはとても素敵だなぁと思った。私もそんな素敵なものが見えるような人生を送りたい。

        主人公が物語の最初に日記を書くが、物語の最初にもかかわらず号泣。
        本の最初にこんなに泣いたのは初めてで予想外の出来事。
        涙腺弱い。笑

        『きょう妻が死んだ。 結婚生活五十七年、幸せだった』
        >> 続きを読む

        2015/02/25 by

        白い犬とワルツを」のレビュー

      • 月うさぎさん
        ファンタジー想像しました!犬の妖精が出てくる的なの想像しました笑。でも実際と異なる宣伝だと本来読むべき読者に読んでもらえない可能性もありますよね。出版社はともかく、著者さんはそれじゃ嫌なのではないかなぁと思います。 >> 続きを読む

        2015/02/25 by chao

      • >犬の妖精が出てくる的なの想像しました笑
        私もです!( ̄▽ ̄)
        だからロマンスグレーな男性をイメージしていたのに、妄想ぶっ飛びました。
        映画ならロードムービーですよね。これは。
        もっと男性読者にアピールすべき本だと私も思いますよ。
        >> 続きを読む

        2015/02/25 by 月うさぎ


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シロイイヌトワルツオ
    しろいいぬとわるつお

    白い犬とワルツを | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    行動が早い人の仕事と生活の習慣

    最近チェックした本