こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

灰色の輝ける贈り物

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,995 円

舞台は、スコットランド高地からの移民の島カナダ、ケープ・ブレトン。美しく苛酷な自然の中で、漁師や坑夫を生業とし、脈々と流れる“血”への思いを胸に人々は生きている。祖父母、親、そしてこれからの道を探す子の、世代間の相克と絆、孤独、別れ、死の様を、語りつぐ物語として静かに鮮明に紡いだ、寡作の名手による最初の8篇。

いいね!

    「灰色の輝ける贈り物」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      わたし自身は知らない作家であったが、読書家の中では大変評判のいい作家だということを知り、是非一度読んでみたいと思ったアリステア・マクラウド。
      この作家は寡作のひとらしく、文庫化されているものは見当たらない。主に短編を書くようで、その短編をまとめた二冊をようやく見つけたので一冊購入してみた。

      八編からなる短編集。
      マクラウドの初期の短編をまとめたものらしい。
      年代順にまとめてあり、1968年から1976年の作品までが収められている。

      全編通して感じることは、炭坑労働者の父や祖父と息子といった設定のものが多く、大人になる手前の青年が等身大の姿で描かれている。
      炭坑という言葉から想像される、暗く厳しく貧しい生活と哀愁や侘しさが丁寧な状況描写によって、読み手の胸に映像のように浮かび上がる。

      物語は派手なものではなく、ある一日を切り取ったようなもので、ままならない人生や変わりのない日常、生命の儚さといったものが感慨深く綴られる。

      時に露骨な性や遺体の描写があったりするが、不快さは不思議と感じられず、物語に馴染んでいる。

      少年が家族で父親の故郷に行き、過ごす姿を描いた「帰郷」、少年と生活が貧しく売らざるを得ない老馬とを描いた「秋に」、「失われた血の塩の物語」の三作が特に印象に残った。

      好みは別れるかもしれない地味な作品ばかりだったが、わたしは早速もうひとつの短編集「冬の犬」を購入した。
      静かで色褪せたようなマクラウドの世界は、居心地の良ささえ感じた。
      >> 続きを読む

      2016/09/16 by

      灰色の輝ける贈り物」のレビュー

    • 私はこの静かな筆致がとても心に残りました。
      味わい深い名編でした。
      jhmさんがお読みになったのを探したのですが無くて、「冬の犬」から読みました。
      寡作で 8編ずつ、2冊しか無いみたいですね。
      自然の中で飼っている動物との触れ合いも良かったです。
      こういう本を読んでいると、慌ただしい暮らしが、これで良いのかなぁと思われます。
      >> 続きを読む

      2016/09/16 by 空耳よ

    • 空耳よさん
      コメントありがとうございます。

      「冬の犬」を読まれましたか。わたしも棚でスタンバイしてもらってます。
      色の無い世界といった感じで、わたしも気に入りました。
      >> 続きを読む

      2016/09/19 by jhm

    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハイイロノカガヤケルオクリモノ
    はいいろのかがやけるおくりもの

    灰色の輝ける贈り物 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本