こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

不動心

4.2 4.2 (レビュー3件)
カテゴリー: 球技
定価: 714 円

どんな技術やパワーよりも、逆境に強い力、挫折を乗り越える力を持った選手になりたい―。左手首骨折という選手生命を脅かす大怪我から、見事な復活を遂げた松井秀喜。その陰には、マイナスをプラスに変える独自の思考法があった。コントロールできることとできないことを分ける、悔しさはあえて口に出さない、七割の失敗と上手に付き合う...等々、戦い続けるなかで身につけた松井流「心の構え」を初めて明かす。

いいね!

    「不動心」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      日本野球界およびメジャーリーグでプレーをした松井秀喜さんがいかにしてその厳しい世界で生き残ってきたかを精神的な部分で解説してくれた本です。自分ではコントロールできないところには感情を込めないなど非常に役に立つ考え方を手に入れられます。

      2015/05/21 by

      不動心」のレビュー

    • 生きる上でのバイブスを掻き立てられそうな内容ですね。
      精神論も大切だと思うので、すごく気になりました。 >> 続きを読む

      2015/05/21 by komorikomo

    • ストレスを溜めないようにするのに役立ちそうですね!
      ぜひ読んでみたいです。

      2015/05/22 by ウコッケイ

    • 評価: 4.0

       長年にわたって、巨人、ニューヨーク・ヤンキースという人気球団の主軸として活躍し続けた著者。
       2006年に試合中にスライディングキャッチを試みた際に、左手首を骨折するという大怪我を負ってしまいます。
       しかし、この選手生命の危機ともいえる大ピンチも不屈の精神力で見事に克服、再びメジャーリーグのフィールドに戻り、見事な復活劇を演じています。
       著者にとって「生きる力」とは成功を続ける力ではなく、失敗や困難を乗り越える力とのこと。
       彼の野球人生は、「どんな技術やパワーよりも、逆境に強い力を持った選手になりたい」という、自らの願いを体現したものだったといえるでしょう。
       本書は、不屈の精神力を培ってきた考え方や気の持ち方、メンタルな部分での自己コントロール法について、著者自らが分かりやすく解説した一冊です。

       詳細なレビューはこちらです↓

      http://maemuki-blog.com/shohyou/ichiryu/matsui-fudoshin/
      >> 続きを読む

      2013/07/02 by

      不動心」のレビュー

    • イチローとタイプは違いますけど、どっちも「武士」って感じがしてカッコイイです♪

      黙なオトコの方がモテるんだろうなぁ・・・ >> 続きを読む

      2013/07/02 by makoto

    • > 彼の野球人生は、「どんな技術やパワーよりも、逆境に強い力を持った選手になりたい」という、自らの願いを体現したものだったといえるでしょう。

      逆境に立たされた時、その人の本質が見える気がします。

      プロジェクトで火柱が上がっている状態の時、周囲に攻撃的になる人、それでも周囲に配慮を欠かさない人。

      人としての品が如実に出るので、イヤな目にも、嬉しい目にも有ったことが有ります。
      >> 続きを読む

      2013/07/02 by ice

    • 評価: 4.0

      大リーガー(元巨人)の松井選手の著書ですが、やはりどの世界でも「一流」の人は、プラス思考がベースにありますね。
      なお、書中にあった以下の一節は非常に印象に残る言葉(たとえ虎キチでも…笑)だと思います。
      心(意識)が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる

      2011/03/10 by

      不動心」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    フドウシン
    ふどうしん

    不動心 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本