こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)

4.2 4.2 (レビュー3件)
著者: 阿古 真理
定価: 842 円
いいね!

    「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代。阿古真理先生の著書。昔は料理研究家といえば女性で、女性の料理研究家が女性のために料理を教えていた時代。今は男性の料理研究家がとても増えて、男性の料理研究家が男性のために料理を教えることも増えている。料理は女性がするべきもので料理下手な女性は女性失格、そんな時代遅れの既成概念が変わりつつあるのは素晴らしいこと。そして料理上手な男性が魅力的な存在とされているのも素晴らしいことだと思います。

      2019/01/13 by

      小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      ここにも出てくるNHKの「きょうの料理」を、何となく見ることがあって、登場する料理研究家の方の顔は、大体知っている。

      それぞれの特徴もあるし、いろいろだが、やはり、その時代背景が色濃く出ているのだと再認識。

      ライフスタイルの変化や、価値観の変化そ、それに危惧を感じた時の提言もある。

      食は命に直結するものだと思っているので、興味深い視点だ。
      >> 続きを読む

      2017/04/12 by

      小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      大好きな料理研究家の名前が並ぶ。これは読まずにいられない!
      中には、小林カツ代、栗原はるみのみならず、昭和の時代からの人気を博した、料理する人なら聞いたことがあるだろう料理研究家の名前とその生い立ちやその研究家のレシピの特徴、その時代の女性や家庭の時代背景とともにつづられている。
      その時代によって料理の位置づけ、暮らし方、女性の働き方の変化があって、こういう料理研究家が出てきたのか、と膝を打つ一冊だった。

      2017/04/01 by

      小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)」のレビュー

    • 料理研究家の本とは、興味がわきますな・・・。

      私は、断然、栗原はるみ派です。

      2017/04/02 by ごまめ

    • いつもharu-miの販売日近くになるとソワソワしちゃいます(笑)

      2017/04/06 by taiaka45


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本