こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

刑事さん、さようなら

2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,785 円

首を吊った警官、河原で殺された風俗ライター。二人をつなぐ“女A”を追い続ける警部補が行き着いたのは、寂れた歓楽街の、小さな焼き肉屋だった―。「善人の罪科」と「悪人の正義」が交錯する美しくも哀しき愛の物語。

いいね!

    「刑事さん、さようなら」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      首を吊った後輩の警官。河原に遺棄されたライター。
      これらを繋ぐ女Aを追う刑事の須貝。

      一方もう一つは在日朝鮮人が働く焼肉屋の調理を担当するヨシオ。

      この2つのパートが交互に描かれるのだが、どこで交わって来るのか一向に見えてこない。

      主役のように見える須貝の方は清廉潔白の刑事ではない。
      不倫をしているし、若手の刑事のせいで立ち回りが悪くなる。
      警察の立場を重んじ、裏から真実を潰そうと試みる。

      終盤はその意味だったのかとタイトルに掛かってくる対立が。
      事件をこういう形で描くのは珍しいが、なんだかモヤモヤする感じは否めない。
      >> 続きを読む

      2019/11/06 by

      刑事さん、さようなら」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ケイジサンサヨウナラ
    けいじさんさようなら

    刑事さん、さようなら | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本