こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

月と雷

2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円

不意の出会いはありうべき未来を変えてしまうのか。ふつうの家庭、すこやかなる恋人、まっとうな母親像...「かくあるべし」からはみ出した30代の選択は。最新長篇小説。

いいね!

    「月と雷」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      日本人は月が好きだなあ。太陽のように眩しくない月。太陽のように自ら輝くことは出来ない月。でも月がいなければ夜は暗闇。本書のタイトルが何を暗示しているかは知らないけど。太陽のような登場人物も、日向を歩む登場人物もいない、「社会のふつうに手の届かない」人間たちの因縁ストーリー。

      男性遍歴をくり返す母・直子となぜかもてる三十男の息子・智、そして母子が昔同居していた内縁男の娘であり、その母子に人生を砕かれたと感じて生きて来た女性・泰子。

      あまりに普通でない面々が持つ遺伝的あるいは環境的類似感覚がねっとりと描かれていく。それでも読み手は登場人物の、当人でさえ確信の持てないホンネの周辺に違和感だけじゃ無い、共感を覚えながら、どろどろとした展開に引き込まれていく。それって作者の腕によるものか。

      はてさて、ふつうの家族って何だろうか。さりげなく考えてみたくなる物語。
      >> 続きを読む

      2015/06/09 by

      月と雷」のレビュー

    • 私も月うさぎですから月が好きです☪
      昼間の太陽は見つめることができませんが月ならば好きなだけ見ていられますね。
      都会の夜は明るすぎて月の光の明るさに気づかないことも多いですが。

      月とどろどろな人間の心って似合わなすぎですね。
      月と雷も似合いません。
      あえてミスマッチのタイトルなんでしょうね。
      >> 続きを読む

      2015/06/10 by 月うさぎ

    • 月がなかったら、、、
      宇宙の調和って巧くできていますね。

      2015/06/10 by 空耳よ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ツキトカミナリ
    つきとかみなり

    月と雷 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    蒼穹の虜 (リンクスロマンス)

    最近チェックした本