こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

天盆

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 王城 夕紀
定価: 1,404 円
いいね!

    「天盆」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      蓋の国では将棋に似た盤戯「天盆」に長けた者が国を動かしてきた。
      人々は立身を目指して研鑽するものの平民から長いこと征陣者は生まれていない。
      貧しい食堂に暮らす13人兄妹の末子・凡天。
      兄弟たちから天盆を習った彼は、才を開かせていく…。

      ◆C・NOVELS大賞特別賞受賞作品で初の単行本で刊行作品です。
      単行本だったこともあって全く気がつかなかったわ。
      面白いと聞きまして、遅くなったけど手にしました。
      一見少年漫画にありがちなスポ根的な感じでもあるけれど、それだけでは終わりません。
      将棋に似た天盆を中心に、少年の成長ものであり、家族ものであり、国家を描いた作品であります。
      まずは天盆に特別な才を見せる凡天。ただ天盆を楽しむ彼がこの天盆を中心とした国でどこまで勝ち上がっていけるのかに、ワクワクします。
      しかし彼自身は多くのことを語りません。
      この彼を語るのは天盆で立身を目指しているものの、なかなか先へ進むことの出来ない兄・二秀です。
      彼自身もすごく魅力的だと思いますね。
      そんな彼らは貧しい食堂を営む賭け天盆が好きな少勇と元・遊女の静によって育ててられます。
      13人もの兄弟はすべて彼らが拾った子です。
      この彼らそれぞれもすごく魅力的だし、泣かされた~!
      この家族の有り様、その絆がこの作品の魅力の1つでありましょう。
      それと対比するような腐敗の温床となった政治。
      凡天の勝負が、家族の絆がさてどうなっていくのか…。
      これはデビュー作とは思えない面白い作品でした。
      今後の作品がとっても楽しみです。期待してます!
      >> 続きを読む

      2014/10/30 by

      天盆」のレビュー

    • 面白そうですね!!
      作品に出てくる天盆とどういう遊びなのか気になります!
      ハンターハンターという漫画には「軍戯」という、作品オリジナルの盤ゲームが出てきましたが、オリジナルのゲームを考えるって、凄い難しそうですよね。 >> 続きを読む

      2014/10/31 by RAY-ROCK

    • RAY-ROCKさん>
      天盆はかなり将棋に近そうな感じですね~。
      個人的には読みながら想像していたのは将棋でした(笑)
      マンガだとビジュアルがあるので、想像しやすいですが
      小説だとその点があまり分かりにくいかも。
      >> 続きを読む

      2014/10/31 by むつぞー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    天盆 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本