こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

駐在日記 (単行本)

4.0 4.0 (レビュー2件)
著者: 小路 幸也
いいね!

    「駐在日記 (単行本)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      舞台は昭和50年。山間部の集落の駐在所に赴任したお巡りさんの妻の語りで物語は進む。背筋が凍るような事件は起きないけど、不思議な出来事を推理し、大岡裁きで手打ちに持っていく、元刑事の駐在さん。そして彼を支える元外科医の奥さんのコンビが村をやさしく見守っているのがなんともイイ。30代の登場人物が多いが、現在よりもよっぽど大人で落ち着いているのが印象的。

      2018/09/02 by

      駐在日記 (単行本)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      毎度の小路カラー。

      安心して、ほっとできる。

      村の駐在さん・・懐かしい響き。

      小さい頃、駐在所があったことを想い出した。

      昭和の空気感、じんわりと滲んでいる。

      そんな暮らしの断片を切り取った短編集。

      こんな空気感が、少しずつなくなってきているのは、少し、寂しいかも。
      >> 続きを読む

      2018/06/10 by

      駐在日記 (単行本)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    駐在日記 (単行本) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本