こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

もののふ莫迦 (中公文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 中路 啓太
いいね!

    「もののふ莫迦 (中公文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      去年の夏に本屋で手に取り冒頭から引きずり込まれたのだが、歴史小説にはなじみがないので560ページあまりを最後まで読めるかわからず、買うのを先延ばしにしていた。ようやく手に入れて読んでみると、ページをめくる手を止められないほどに面白かった。

      故郷の肥後を太閤秀吉に踏みにじられた越後守才蔵がたどる数奇な運命を、下人だった粂吉が語る。「もののふの道」をきわめんとする越後のカリスマ性と、その越後にライバル意識を燃やす加藤清正の秀吉に対する忠義心の対比が面白い。それぞれに信じるところはあるのだろうが、真のもののふとはどういうものであるのかを自らに問いかけながら生きた二人は、莫迦がつくほどに自分に正直だった。

      秀吉の朝鮮出兵と元寇を混同するほどの日本史オンチの身だが、この作者の他の歴史小説も読んでみたいと思う。

      >> 続きを読む

      2018/02/13 by

      もののふ莫迦 (中公文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    もののふ莫迦 (中公文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本