こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

黙示録2010ユーラシア大戦

著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 900 円

2010年5月、子供の日の催しで賑わうモスクワの日本大使館が、イスラム過激派「バビロンの獅子団」によって爆破された。多くの幼い命を奪ったテロリストを許してはならない。目には目を―政府は秘密諜報機関「アスカ」に、徹底した報復を命じた。アスカは元傭兵の雨竜をモスクワに送り込み、テロの首謀者と実行犯の抹殺を図る。旧知のロシア・マフィアの手を借り、テロ組織を追いつめる雨竜。だが、この抗争は血で血を洗う地下戦争の幕開けに過ぎなかった...。謀略と暗闘が渦巻く混沌の世界を予見する、緊迫の近未来サスペンス巨篇第三弾。

いいね!

    「黙示録2010ユーラシア大戦」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    モクシロク2010ユーラシアタイセン
    もくしろく2010ゆーらしあたいせん

    黙示録2010ユーラシア大戦 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本