こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

海鳴り果つるとき

カテゴリー: 小説、物語
定価: 945 円

米豪分断作戦に固執する軍令部は、ニューカレドニア再攻略の一歩としてガダルカナル島進出を図る。その矢先、米軍同島上陸の凶報が!米軍を排除すべく泊地突入を試みる第八艦隊。だが、突如現れた一隻の米新鋭戦艦が行く手を阻む。数的劣勢をものともせず脅威の四〇センチ砲が火を噴き、旧式戦艦を圧倒する。日本軍主力艦が次々傷つく中、「雷撃の神様」村田重治少佐は、秘策を具申。それは―少数精鋭の九七艦攻が闇夜を衝いて、今、飛び立つ!!果たして決死の雷撃の帰趨は...。

いいね!

    「海鳴り果つるとき」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ウミナリハツルトキ
    うみなりはつるとき

    海鳴り果つるとき | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    鳥たち

    最近チェックした本