こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

白の闇

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者: ジョゼ サラマーゴ
定価: 2,484 円
いいね!

    「白の闇」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 評価なし

      最初に一人の男が車で信号待ちをしていると突然目が見えなくなった。
      真っ暗ではなく真っ白に・・・
      そしてそれは伝染していった。。。
      失明した人と感染が疑われる人は閉鎖されていた
      精神病院に強制隔離されて自分たちで生活していくことに。
      だた一人、目が見えるのに見えないふりして夫についていった女性を
      中心に話はすすんでいく。
      いや〜隔離されてからの話は酷いわ・・・
      体は不潔に排泄も満足にできないから環境は悪くなるばかり、
      食料をめぐる争いと、全ての人間の目が見えないとなんということに。
      病院を抜け出すときがきたけど、町にでてみると全ての人は失明していて
      病院の中と大差ない生活しかできない。
      これだけ排泄行為や食べること性のことを小説に上手くいかしたのはないんじゃないでしょうか?

      この物語の登場人物は名前で書かれていなくて
      「最初に失明した男」「サングラスの娘」など全てこういうふうに書かれています。しかも、改行や会話の「」がない!w
      そこ、嫌な人は嫌かも〜。でも読んでみると面白いですよ!

      映画「ブラインドネス」の原作で視聴していましたが面白くよみました。
      読友さんがずっと勧めていたので読めてよかった〜
      読み始めた時、彩瀬まるさんがこの本をツイッターでオススメしていたのでなんか嬉しくなったりw

      この先ラストのとこのネタバレあります






















      ラストは映画と同じように視力が戻るんですよね。
      その視力が戻ったときもう人間とはいえないような生活をしていた
      人達や政府がどうやって落とし前(?)をつけて元の生活に戻って
      いくのかっていうのも読んでみたいなー














      >> 続きを読む

      2016/04/12 by

      白の闇」のレビュー

    • なんだかすごい作品ですね・・・怖そう・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

      >これだけ排泄行為や食べること性のことを小説に上手くいかしたのはないんじゃないでしょうか?

      これ、一歩間違えたら大変なことになりかねないですよね。ここを上手く使って活かしているんであればそれは先とは違う真っ当なすごい作品ですね!

      いやあ、実は今ラジオ聴いていて出てるゲストさんがゾンビの話をしていて、で、このレビューを拝見させて頂いて・・・なんだか・・・世間って意外と狭いんだなあなどと物思いに耽っておりました(笑)
      >> 続きを読む

      2016/04/12 by 澄美空

    • 澄美空さん
      いつも異世界物とか読んでときトイレや食べ物が気になってたんで
      これほどちゃんと考えてたのみたことなかったんですw
      >世間って意外と狭いんだなあなどと
      これは読むしかないw映画でもいいかな?w
      >> 続きを読む

      2016/04/12 by 降りる人

    • 評価: 3.0

      突然、盲目になる病が街を襲う。
      読み終わると、今ある世界はいかに目が見えること前提で作られているか考えさせられます。

      2016/03/02 by

      白の闇」のレビュー

    • こんにちは!
      これ映画を見たら原作も勧められたんですー
      読まないと…読みやすいですかね…
      >> 続きを読む

      2016/03/02 by 降りる人


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    白の闇 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本