こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

Think Simple

アップルを生みだす熱狂的哲学
4.5 4.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 情報工学
定価: 1,680 円

著者にしか知りえないさまざまなアップルでのエピソードを題材としながら、「シンプル」という哲学を、核となる10の要素に落としこんで紹介する。

いいね!

    「Think Simple」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       iMac、iPod、iPhone ・・・。アップルが、次々と世に送り出してきた革命的な製品は、すべて、スティーブ・ジョブズが振るう〈シンプルの杖〉によるインスピレーションにより形づくられたものでした。
       アップルのシンプルさへの信仰は、製品にも、広告にも、社内の組織、直営店(アップルストア)などすべてに存在します。
       「シンプルさは力」です。世の中が複雑になればなるほど真価を発揮します。

       詳細なレビューはこちらです↓
      http://maemuki-blog.com/shohyou/business/segall-simple/ >> 続きを読む

      2013/08/22 by

      Think Simple」のレビュー

    • シンプルなのは好きですが、どうもボタン1個しかないというのにはあまりなじめませんでした。。。 >> 続きを読む

      2013/08/23 by ちあき

    • 多様的なモノよりシンプルな方がしっくりきます。自分は

      2013/08/23 by BlueBull

    • 評価: 5.0

      アップルの製品は、箱を含めて非常にデザインがシンプルだが、それは物事を極限までシンプルに考えることで生み出されている、ということが書かれている。

      正直、この本に書かれていることを個人レベルで無理矢理行おうとすると、周りとの軋轢を生むことは必至だと思う。やるなら、組織として徹底的にシンプルに考えることが必要なのである。その意味で注意しなければいけないとは思うが、考え方としては面白い。

      アップルがどうこうというよりも、シンプルに考えることについての読み物として読んだ方が楽しめる人は多いような気がする。
      者がアップル(ジョブズの間近)で経験したシンプルのエピソードは、多くの人が単純に面白いと感じるのではないだろうか。
      逆に、インテルやデルで経験した複雑さを、アップルのシンプルさと比較している部分なんかは、人によっては反感を覚えるかもしれない。
      >> 続きを読む

      2012/07/19 by

      Think Simple」のレビュー

    • アップル信者ではないつもりですが、アップルのプロダクトは所有欲を満たしてくれるものが多い印象が有ります。

      他だと(もちろん所有していませんが)フェラーリとか。
      ソニーなんかもイイ線いってる気がしますけどね。

      技術者はニーズから思考するのではなく、実現可能なことの中から思考してしまう傾向が有りますが、発想の転換が必要だと身に染みて感じます。
      >> 続きを読む

      2012/07/19 by ice

    • 日本的に言えば「わびさび」の心なのかなぁと思いました。

      2012/07/19 by yam


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    シンクシンプル アップルオウミダスネッキョウテキテツガク
    しんくしんぷる あっぷるおうみだすねっきょうてきてつがく

    Think Simple - アップルを生みだす熱狂的哲学 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本