こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

荒野の戦士

荒野の戦士
3.8 3.8 (レビュー4件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 609 円
いいね!

    「荒野の戦士」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      暗黒の川ケス川を下って逃げることにした一行。しかしゴーラの追手が…しかし運良くもノスフェラスの奇怪な生物とのゴタゴタのお陰でゴーラの追手から逃げてノスフェラスの砂漠を行く。

      いや~この巻は超グロい生物の出て来ること出て来ること(^_^;)あんまり想像しないようにして読んだほうが精神衛生上いいと思われます。
      でもエンゼルヘアーなんかは一度見てみたいなぁ。

      ということで、まだまだノスフェラス脱出出来ないようです。

      2014/09/24 by

      荒野の戦士」のレビュー

    • グインサーガを読んでいる同志を見つけると嬉しくなります♪
      ノスフェラスは変な生物色々出てきますよね~笑。
      私もエンゼルヘアーは見てみたいです♪
      >> 続きを読む

      2014/09/24 by chao

    • イドをプニュプニュしてみたくなりませんか?(笑)

      2014/09/24 by ice

    • 評価: 4.0

      本の世界は無限に広がります。現実の社会、過去や未来の世界、空想の世界。
      時空を超えてどこまでも…

      思いきりファンタジー。別世界に入るのはなかなか難しいところもあるが、、、(思いきり現実的な本を読んだ後は特に・・・)
      でも、頭も心も柔らか~く、柔らか~く。楽しんじゃいましょう。

      グイン・サーガの2巻/130(どこまで読めるか?非常に疑問ですが)

      昭和54年に出されてるのね。読めない漢字や言葉がちょこちょこと。(辞書機能使ってますが、どうしても読めないのは意味だけ想像してスルー)  

      豹頭のグイン、パロの双子の王女リンダと王子レムス、セム族の娘スニ、傭兵イシュトバーン。
      5人はスタフォロス城から脱出して恐ろしいノスフェラスの荒野へ入る。
      そこで、モンゴールの公女アムネリス率いる白騎士団や赤騎士らに追われる。

      次々と危機が迫ってくるのだけど、グインはいつも冷静で・・・

      少~し、この世界のことが分かってきたかな。
      ファンタジーの世界にとっぷり浸るには、なかなか集中力を必要といたしますが、とりあえず3~6巻まで図書館にリクエストしてるので、がんばってみましょう。
      >> 続きを読む

      2014/03/16 by

      荒野の戦士」のレビュー

    • > 次々と危機が迫ってくるのだけど、グインはいつも冷静で・・・

      主役のくせにずっと冷静なのでつまらないのですが、実際には主役級がたくさん登場しますので、なんとか成立している感はありますね(笑) >> 続きを読む

      2014/03/17 by ice

    • >次々と危機が迫ってくるのだけど、グインはいつも冷静で・・・

      そうなんですよね・・
      私は今16巻&外伝3、4冊読んでいますが、相変わらずグインは冷静で無敵です・・・
      >> 続きを読む

      2014/03/17 by chao

    • 評価: 4.0

      グインサーガ第2巻。

      第1巻では壮大な物語のはじまりということで、初めて触れる世界観を大いに楽しんだが、第2巻では色々な登場人物の言動に一喜一憂した。

      金色に輝く髪を持つ美しきアムネリスの登場シーンではお気に入りのキャラクターになるかもしれないと心を躍らせた。しかし、私の大好きなパロのまだ小さな誇り高き王女リンダへの酷い仕打ちに怒り爆発。
      嫌な奴!!!

      魔戦士イシュトヴァーンの言葉にはイラっとしたり、なんだ意外と良い奴じゃないと思ってみたり。結果、彼にはとても振り回された気分である。自分勝手な奴なのだが、なぜか嫌いになれない。でもやっぱり信用ならない。。。

      セム族のスニの一途な忠誠心と友情には涙ぐんだ。
      2巻でスニが大好きになった。

      そんな風に一喜一憂して読み終わり、自分自身がすっかりグイン・サーガの世界に入り込んでいて完全に感情移入していることを実感した。これほど感情を大きく動かされる本を読むのは非常に楽しい。

      2巻の終わりに大きな展開を見せ、すでに物語はものすごい盛り上がりを見せているような気がするが、まだ2巻。たしか6巻まではプロローグだと聞いた気がするが、今後どのように展開してゆくのか。はやく3巻が読みたい。
      >> 続きを読む

      2012/09/10 by

      荒野の戦士」のレビュー

    • chaoさんのチャレンジに拍手です。
      先は長いぞ。がんばってね。(^^)
      キャラクターにそこまで感情移入できれば、結構読み切れるものかもしれませんね。

      これ、読み終わったら、アーシュラ=ル・グインですかね~。
      SF界の女王とか言われています。
      ゲド戦記の作家ですが、グインの名前はここからきていると聞いています。
      >> 続きを読む

      2012/09/10 by 月うさぎ

    • Tsukiusagiさん
      はい、頑張ります♪

      >ゲド戦記の作家ですが、グインの名前はここからきていると聞いています。

      そうなんですね!!
      知らなかったです…!!

      でも読み終わるの、他の本も読みつつだといつになるんでしょうかね(笑)
      3年とかなのかなぁ…
      >> 続きを読む

      2012/09/11 by chao

    • 評価: 4.0

      グイン・サーガ第2/130巻。

      落ち延びたグイン一行に迫りくるモンゴールの追手。

      モンゴールの軍勢に対峙する神話を具現化したようなグインが神々しい。

      ノスフェラスと言う魑魅魍魎の世界に侵攻するモンゴールの軍勢。
      未開の地に対しての文明の挑戦の縮図とも思える。

      ケス川に潜む怪物達に生命を脅かされながらも、何とか落ち延びようとするグイン一行。
      新たな美しき指揮官を得、意気上がるモンゴールの軍勢が迫りくる。

      既に全巻読み終えており、導入部の5巻までは、あまり惹き込まれない印象を持っていたが、決してそんなことは無く、1巻からグイグイと世界観にのめり込んでしまっている。

      正直、それぞれの登場人物の行く末を知った今、新たに読み返しても感動を得られるのか?という懸念が大きかったのだが、戦国武将の若かりし頃の活躍を目にするような新鮮な感動に包まれる想定外な幸福感に酔っている。

      ストーリーが進むに連れ、国家間の駆け引きなど、スケールが大きくなることによる面白さが有るのだが、冒頭の剥き身の若さみたいなものの輝きもグイン・サーガの世界観には無くてはならない要素なのだと実感した。

      また、これだけ魅力的な美男美女が登場すると少女マンガ的な楽しみ方も有るのではないかと思う。

      ラストの引きの見事なこと。グイン・サーガの大きな魅力の一つが各巻ラストの強烈な引き。確実に次が読みたくなる。
      >> 続きを読む

      2012/07/28 by

      荒野の戦士」のレビュー

    • Tsukiusagiさんの模倣犯の時もそうでしたが、読もうと思っているのでレビューを見ないようにしよう!!と思っているものの、気になって読んでしまいます(笑)あー早く読まないと、グイン・サーガ! >> 続きを読む

      2012/07/28 by chao

    • >それぞれの登場人物の行く末を知った今、新たに読み返しても感動を得られるのか?という懸念が大きかったのだが
      自分の思い入れの有る物語ほどありますよね、そのような懸念。
      それでも幸福感に浸れるというのは素晴らしいことですね。
      レビューから、iceさんのグイン・サーガに対する愛を感じました。
      ますます読んでみたくなりました!
      >> 続きを読む

      2012/07/28 by tomomo


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    グイン サ-ガ コウヤ ノ センシ
    ぐいん さ-が こうや の せんし

    荒野の戦士 - 荒野の戦士 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本