こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

紅の密使

グイン・サーガ - 12
3.5 3.5 (レビュー2件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 609 円
いいね!

    「紅の密使」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      グインサーガ12巻!

      前半は知らないキャラクターばかりが登場し、会議シーンが続いてなかなか読むペースも上がらなかったが、後半はイシュトヴァーンが登場したり、レムスが登場したり、大きな動きがあってページを捲る手が止まらなかった。

      あと、今回は特にあとがきが興味深かった。

      ちょっと長いけど引用。

      --

      私には、どうも、グイン・サーガのキャラって、私がそう作った―というんでなく、はじめからもう決められてしまっていたように思えるのです。別の世界にホントにかれらが生きて動いていて、私はただ、それを中継してるだけなんじゃないか、と思うことがしばしばあります。まただからこそ、私がそのキャラを悲しい運命からよしんば助け出してやりたいと思っていても、勝手にかえることはできなくて、作者の私も悲しい思いをしたりするのです。ふしぎなもんですね、物語―動きはじめた物語というのは。

      --

      無理やりの展開や作者都合の設定を感じさせる物語も少なくない中、そういったことを全く感じさせずに、登場人物たちが物語を紡いでいっているような感覚。だからグイン・サーガの世界にどっぷり浸ることができるんだなぁ。

      重要人物っぽいカメロンの初登場もあって、今後ますます楽しみ♪
      >> 続きを読む

      2013/07/06 by

      紅の密使」のレビュー

    • カメロンとイシュトヴァーンってことは沿海州会議ですね。

      陽気な船乗りっていうのも男惚れします。 >> 続きを読む

      2013/07/06 by ice

    • 他の作者の人も同様の事を時々おっしゃりますよね。
      キャラが生きていて、勝手に動いて物語を作っていくというような話。そういう作者の描く小説は面白いですよね。登場人物が生き生きとしていて。 >> 続きを読む

      2013/07/06 by Shimada

    • 評価: 4.0

      グイン・サーガ 第12/130巻。

      占領軍に対して挙兵したパロ。その協力要請に基づいて開催された沿海州連合会議。

      ヴァラキア海軍提督カメロンここに見参!

      中原の有力国を舞台にすることが多いグインサーガでは珍しく沿海州がメインの舞台。

      ファンブックではいずれそういう趣向も出て来るのだが、各国の風俗を知ることでより全体の世界観にも奥行きが出るので、こういう若干脱線的な巻も大好きである。

      ちなみに、表紙の男は自由貿易都市ライゴールの首長アンダヌス。彼が「紅の密使」ではないのでご安心を。

      グインサーガの世界では、移動手段と言えば馬。
      魔導師の場合には遠話やテレポーテーション的な手段も無くはないが、それにも制約が大きいため、海運の重要性は非常に高い。

      そんな中、強烈な海軍を持つことで今後の中原の勢力図に大きな影響を与える沿海州連合加盟国を謀略が襲う。

      この巻のトピックスとしては、お気に入りキャラクターで、ヴァラキアの提督カメロン船長が登場すること。
      これまでの巻を読んでいる方にはもはや隠していることにならないが、ヴァラキアと言えば彼。「紅の」と言えば彼。

      当然、彼は今回も登場し、もうひとつのアダ名である「災いを呼ぶ男」の本領を発揮するわけだが、このヴァラキア男子2名のナイスガイっぷりに思う存分酔いしれるのも良いのではないかと思う。

      しかし、どこにいてもその存在感は陰ることがないとは言え、彼にはやはり沿海州が似合う。

      本を読んで脳内で映像化することはほとんど無いのだが、薄暗い港の賭場でキレイな娘に片腕を回しながら大当たりを連発して口悪く自分の運を褒め称えあげる彼の姿がハッキリと見える。

      次は外伝3巻「幽霊船」。どうやら彼の若かりし頃の活躍に出逢えそうだ。
      >> 続きを読む

      2013/02/18 by

      紅の密使」のレビュー

    • >薄暗い港の賭場でキレイな娘に片腕を回しながら大当たりを連発して口悪く自分の運を褒め称えあげる彼の姿がハッキリと見える。

      随分お行儀は悪いみたいですけど、気は合いそうかも♪w
      >> 続きを読む

      2013/02/18 by makoto

    • 読みました♪

      >薄暗い港の賭場でキレイな娘に片腕を回しながら

      このシーン、個人的に「えー!?」って感じでした…
      他にも「なぬー!?」というセリフ続出でした…
      >> 続きを読む

      2013/07/06 by chao


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    クレナイノミッシ
    くれないのみっし

    紅の密使 - グイン・サーガ - 12 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本