こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

小池真理子のマスカレード

カテゴリー: 小説、物語
定価: 600 円

外科医の高遠と恋人の葉子はドライブ中の些細な事故からまるでドミノたおしのように罪を重ねる。その様を鮮やかに綴る「罪は罪を呼ぶ」、自首する決心がつかず町を徘徊する男がボケ老人を拾ったことから起こる皮肉な結末を巧みなプロット、卓越した心理描写で描く「姥捨ての街」を含む会心の5篇。巻末には特別エッセイ「音もなく霧に巻かれていたあの頃―」を収録。味わい深い熟成のミステリのみを集めた傑作集第3弾。

いいね!

    「小池真理子のマスカレード」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コイケマリコノマスカレード
    こいけまりこのますかれーど

    小池真理子のマスカレード | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本