こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

世界の涯ての夏 (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1)

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者: つかいまこと
定価: 713 円
いいね!

    「世界の涯ての夏 (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      内容紹介-------------------------------------------------
      地球を浸食しながら巨大化する異次元存在〈涯て〉が出現した近未来。
      ある夏の日、疎開先の離島で暮らす少年は、転入生の少女ミウと出会う。
      ゆるやかな絶望を前に、ふたりは様々な出来事を通して思い出を増やしていく。
      一方、終末世界で自分に価値を見いだせない3Dデザイナーのノイは、
      出自不明の3Dモデルを発見する。
      その来歴は〈涯て〉と地球の「時間」に深く関係していた――
      第3回ハヤカワSFコンテスト佳作を受賞した、現役ゲームデザイナーによる初小説
      --------------------------------------------------------

      なんとも表現し難い、というのが率直な感想。
      ひとつの結末を迎えたといえばそのとおりなのだが、何の出来事も起こっていないとも言える。

      気に入らなかった部分を先に挙げてしまうとすると、まずは文体。
      「〜だった」という過去形が多すぎて、リズム感が悪い。

      二つ目は構成。
      この作品は、少年と少女のパート、老人が懐古するパート、ゲームクリエイターのパートの3つから成り、場面転換が多い。
      それがやや苦痛だった。
      私はゲームクリエイターのパートは不要なのではないかと思う。
      書き方次第で、他の2つに集約できるはずだ。


      良かったのは、少年と少女のパートで、子供らしいワクワクとか、ドキドキが伝わってきたところ。
      それだけに、素直なボーイミーツガールが読みたかった。


      結末は、始まったのに終わってない感じ。
      それに、私は過去を思い出すことも美しいことの一つだと考えているので、ラストは人間の尊厳が奪われているような印象が強い。
      ロマンチックSFかと思ったら、結構怖い話だった。
      そうか、そう考えたら、あのラストで終わっていいのかもしれない。
      >> 続きを読む

      2016/03/06 by

      世界の涯ての夏 (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1)」のレビュー

    • > 地球を浸食しながら巨大化する異次元存在〈涯て〉が出現した近未来。

      「はてしない物語」における虚無みたいな感じかなぁ。 >> 続きを読む

      2016/03/06 by ice

    • >iceさん

      『はてしない物語』、全然内容覚えてないんですよー。
      世界の終りが目に見えるというのは、よくある設定なのでしょうか?
      『世界の涯ての夏』では、こちら側とは違う宇宙という扱いでした。
      >> 続きを読む

      2016/03/06 by しでのん

    • 評価: 評価なし

      第3回ハヤカワSFコンテスト佳作受賞作。
      ツイッターだかブログだかで見かけて気になっていた1冊。

      <涯て>が世界に現れ世界が終わりを迎えていくなかで…
      物語の始まりは少年少女が登場しSFジュブナイルみたいで、
      おぉ〜こういう感じなのかと思ったら
      次章で体にケーブルをアチコチ繋がれた老人、
      その次はゲームのキャラデザイナーと視点が変わっていく。
      その視点たちが1つになって…
      おぉー面白い!!という感じではなく
      ふ〜む、なるほどね〜という感じでした。
      あっさり系。
      少年パートがいいです。

      この作品でシズル感という言葉をしりましたw
      ところで祈素って一度もルビがなかったんですが
      どう読むのが正解なんでしょうか・・・
      >> 続きを読む

      2016/02/22 by

      世界の涯ての夏 (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1)」のレビュー

    • >降りる人さん

      遅ればせながらコメント失礼します。
      「祈素」は「きそ」ですね。
      11ページに出てきます。

      「祈素」は音読みそのままですが、「混染(コンタミ)」は一度ルビを逃したら、正しくは読めないですよね(笑)。
      >> 続きを読む

      2016/03/06 by しでのん

    • ともひろさん
      あら!ルビでてきていましたか!!
      見逃していたのかぁ・・・
      「きそ」ですね、ありがとうございます!
      定期的にルビは出してほしいですw
      >> 続きを読む

      2016/03/06 by 降りる人


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    世界の涯ての夏 (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    定年待合室