こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

2.0 2.0 (レビュー3件)
著者: ジョージ・フリードマン
定価: 907 円
いいね!

    「100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      4年ぐらい前に買って積読本だったが、パラパラめくるうちに読もうと思った。これからの21世紀後半にかけて予測した本。アメリカはこれからも強大な力を誇示して、それに反発する日本を含む周辺国が阻止しようと戦争が起こるらしい。21世紀のテクノロジーを配して戦争も大きく変わるようだが、妙にリアルな描写だった。本当に予測できているのかわからないが、それなりに根拠もあって納得した。

      2019/02/13 by

      100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」のレビュー

    • 評価: 2.0

      前半は面白い。自国の状況と周辺国の状況、過去の行動(歴史)から未来を予測し、説得力を持って話を進めていく。著者の知識量も豊富で、2020年代くらいまではおおよそ外れないように感じられた。 しかし、2040年代からは宇宙を巻き込みSFのように。未来に行くにつれて不確定度が増してゆくのに、いつまでも断言形の文章に次第にイライラ。「なんでそんな無責任に自信満々に言い切るんだ?」と。そこがウリなのかもしれませんが、もう少し仮定に至る説明を加えて欲しかった。途中で読むのを断言してしまいました。

      2015/07/20 by

      100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」のレビュー

    • 評価: 1.0

      影のCIAと呼ばれる情報機関ストラトフォーの創設者が地政学的見地から今後の100年間を予測。主に国と国の関わり(紛争中心)について触れています。2050年に日本、トルコ、ポーランドがアメリカへ参戦というくだりは、「ありえない」と考えますが、予測のアプローチについて注目すると価値ありと考えます。戦争は絶対に避けなければなりません。

      2014/08/26 by

      100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」のレビュー

    • >2050年に日本、トルコ、ポーランドがアメリカへ参戦というくだりは、「ありえない」と考えますが、

      「ありえない」と思いたいですね。
      そんなことにならないようにしなければいけないですね。
      >> 続きを読む

      2014/08/26 by ただひこ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本