こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ダイヤル911 (ハヤカワ・ミステリ文庫―カウフマン警視シリーズ)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: トマス チャステイン
いいね!

    「ダイヤル911 (ハヤカワ・ミステリ文庫―カウフマン警視シリーズ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      クリスマス・シーズンで賑わうマンハッタンで発生した連続爆破事件を捜査するカウフマン警部の活躍を描いたシリーズ2作目。

      前作「パンドラの匣」も1冊のなかに2・3作分のアイデアと面白さを詰め込んだスケールの大きい作品だったけど、本作はそれを上回る構成と面白さでしたね。

      クライマックスはまさに"手に汗握る"展開で、当時のポケミスにしては割りと分厚かったのですが、あっという間に読めちゃいました。

      カウフマン警部シリーズ作品はどれも読みごたえと面白さが発揮されていたにも関わらず、わずか4作でシリーズが終わったのは残念です。

      「ダイヤル911」はそのなかでも屈指の傑作だと思ってますので、シリーズ作云々というよりも、1冊の本として私は迷わずオススメします。

      現在絶版中みたいですが、復刊熱烈希望です。
      >> 続きを読む

      2017/08/19 by

      ダイヤル911 (ハヤカワ・ミステリ文庫―カウフマン警視シリーズ)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ダイヤル911 (ハヤカワ・ミステリ文庫―カウフマン警視シリーズ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚