こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

青列車の秘密

クリスティー文庫)
3.0 3.0 (レビュー2件)
定価: 798 円

走行中の豪華列車内で起きた陰惨な強盗殺人。警察は被害者の別居中の夫を逮捕した。必至に弁明する夫だが、妻の客室に入るところを目撃されているのだ。だが、偶然同じ列車にのりあわせたことから、事件の調査を依頼されたポアロが示した犯人は意外な人物だった! 初期の意欲作が登場。

いいね!

    「青列車の秘密」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      もう本当におもしろかった!
      いつも通り、犯人にあっと言わされたし、全くノーマークの人が犯人だった。
      新事実がでてきてから犯人に結び付くのではなく、今まであった記述を元に、裏付けするようにポアロは犯人を導いてくれるからすごい。
      ロマンス的な要素もあって良かった。クリスティーが書くロマンスは、誠実でロマンチックで好き。
      ポアロの機転のよさ、発想力、観察力、灰色の脳細胞最高です!

      2014/10/31 by

      青列車の秘密」のレビュー

    • >クリスティーが書くロマンスは、誠実でロマンチックで好き。
      私もです。この作品は特にポアロが脇役みたいで恋愛要素が強いですよね。 >> 続きを読む

      2014/10/31 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん
      この作品はそうですね。クリスティの恋愛はほんとにきゅんきゅんしてます(笑)そしていつも思うのが、どちらかが犯人じゃありませんように、です。 >> 続きを読む

      2014/10/31 by えま子

    • 評価: 2.0

      青列車。というよりブルー・トレインのほうが、イメージが自然に沸くと思うのですが、
      なぜ、新潮以外のタイトルはみんな「青列車」なのでしょうね?

      この話の「ブルートレイン」は固有名詞。
      (仏: le Train Bleu:ル・トラン・ブルー、英: the Blue Train:ザ・ブルー・トレイン)
      北フランスのカレーあるいはパリと南フランスのリヴィエラ地方を結んでいた夜行列車のことです。

      当作品は、先に発表されていた「プリマス特急」という短編を作り直して長編にしたものですが、
      実はあまりよい評価を受けている作品ではありません。
      「アクロイド殺し」の2年後に発表された作品で、多くのファンが期待しすぎたこともあるかも。
      クリスティ自身も気に入っていなかったそうです。
      (でも、当時はとてもよく売れたそうです)

      でも。ミステリー・ファンとクリスティ・ファンは読み方が違うんですよね。
      あまた書かれているレビューについても、そのあたりの傾向を踏まえて読んでもらえるといいかと思います。

      例えば、こんな調子なんです。

      <ミステリーファン>
      列車内の殺人事件とくれば「オリエント急行の殺人」を思い浮かべるが、
      事件後、物語は列車と無関係に進展し、同じような展開を期待した人は、期待はずれに終わる。

      <クリスティファン>
      ポアロがやさしくてホロリとした。
      金持ちの妻に見下される夫が真の愛に目覚めていく様がおもしろい!!
      ルースがやっぱりかわいそう
      ミス・グレイの独特な魅力は、クリスティならでは。

      のように。人間関係や心理に注目してそれぞれが感動を味わっているんですね。

      ミステリーですが、人間を読む小説と「割り切って」読むのが楽しいかもしれません。
      南仏を舞台にしたクリスティらしい優雅な舞台設定も楽しめます。
      だってね。ポアロがちょっとおとなし目なんですよ…。

      【内容】
      大富豪の娘が寝台列車の車中で、何者かに殺害され所持していた世界最大のルビー「火の心臓」が奪われた。
      その同じ車内に名探偵エルキュール・ポアロが乗り合わせていたことで事件の捜査を依頼される。
      警察は被害者の別居中の夫を逮捕するが。
      ポアロは莫大な遺産を相続した田舎娘のキャサリン・グレイを相棒に選び
      事件解明に乗り出す。



      私が持っているのは『ブルートレイン殺人事件』中村妙子訳 新潮文庫(たぶん絶版)ですが、
      この『クリスティ文庫』は、田村隆一さんの訳でハヤカワ文庫(1982年発行)で出版されていたものを改訳したものです。

      またしても新訳ではポアロの口のききかたがぞんざいという意見あり。
      >> 続きを読む

      2012/12/19 by

      青列車の秘密」のレビュー

    • Miss Terryさん
      ちょっと直訳すぎやろ?って思いますけど。
      古風でよいと思う方もいらっしゃるなら正解なのですね。 >> 続きを読む

      2012/12/19 by 月うさぎ

    • えーっ!ネタバレしちゃいました⁇
      真相を暴いてしまう勘の良さが憎いw

      2012/12/19 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アオレッシャ ノ ヒミツ
    あおれっしゃ の ひみつ

    青列車の秘密 - クリスティー文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本