こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: ブリジット オベール
定価: 907 円
いいね!

    「マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      あらすじ

      医者のマーチ博士の広壮な館に住み込むメイドのジニーは、ある日大変な日記を発見した。

      書き手は生まれながらの殺人狂で、幼い頃から快楽のための殺人を繰り返してきたと告白していた。

      そして自分はマーチ博士の4人の息子―クラーク、ジャック、マーク、スターク―の中の一人であり、殺人の衝動は強まるばかりであると。

      『悪童日記』のアゴタ・クリストフが絶賛したフランスの新星オベールのトリッキーなデビュー作。

      主人公と、犯人の交換日記の内容を主体に、物語が進む斬新なプロットと、ジニーの健気で頼もしい生意気な性格に親しみを感じ、無事を祈りながら一気読みでした。

      謎ときを置いといて、面白く、最後まで読めましたが

      推理小説好きな人が読むと不満が残ると思います、オチの理不尽さに。
      >> 続きを読む

      2020/03/26 by

      マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚