こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

本当のところ、なぜ人は病気になるのか?

身体と心の「わかりやすくない」関係
カテゴリー: 内科学
定価: 1,890 円

どうして私たちは病気になるのだろう―思考や感情は身体に影響する。緊張して胃が痛くなるとか、頭が痛くなるとかはよくあることだ。しかし、心臓病や糖尿病、ガン、関節リウマチのような病気についても、悪化させたり、心が原因になったりすることはあるのだろうか?心理的な要因は、実際に身体に影響する―だが、それを「ストレスで病気になる」と一言ですませることはできない。そんなに簡単ではないのだ。心が病気にどのように影響するのか、病気になりやすい心の持ち主の人はいるのか、逆に症状から心の状態を推しはかることはできるのか。これまでの医学の常識にとらわれず、心と身体の関係を見つめ直す。

いいね!

    「本当のところ、なぜ人は病気になるのか?」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ホントウノトコロナゼヒトワビョウキニナルノカ カラダトココロノワカリヤスクナイカンケイ
    ほんとうのところなぜひとわびょうきになるのか からだとこころのわかりやすくないかんけい

    本当のところ、なぜ人は病気になるのか? - 身体と心の「わかりやすくない」関係 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本