こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱

3.0 3.0 (レビュー3件)
著者: 高殿円
定価: 1,512 円
いいね!

    「シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      現代版女性版ホームズ。ホームズ以外も主要キャラは女性。ハドソンさんにいたっては驚きの設定。緋色の研究を元にした本作は内容も女性キャラならではに変わっている。緋色のパンケーキは悪趣味かな。

      2016/03/31 by

      シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」のレビュー

    • 評価: 2.0

      舞台は、2012年オリンピック開催に沸くロンドン。アフガン帰りの軍医で戦場で足に怪我をして帰ってきたジョー・ワトソン。除隊したものの今後の生活に戸惑っていた矢先、友人からフラットシェアを薦められた。シェアの相手は、人工心臓を抱えたシャーリー・ホームズだった。いかにもホームズとワトソンのコンビの探偵小説のようですが、設定は二人とも女性という設定という事。そしてホームズは、電脳を駆使して事件を解くという事。

      あまりにも、設定が奇抜すぎて少女マンガでも読んでいる感じがしてついていけませんでした。
      あまり内容も 共感できませんでした。 >> 続きを読む

      2014/09/20 by

      シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」のレビュー

    • 設定が多くてこんがらがりそうですね^^;

      2014/09/20 by Ject

    • 「ハニータッカーと魔法の対決」、
      「パリ―ホッタ― おちこぼれ少年魔法使い危機一髪!」、
      「バリー・トロッターと賢者のパロディ」、
      「ポリー・ハッターと石の賢者」等
      という本が出版されている並の衝撃でした。
      >> 続きを読む

      2014/09/20 by hiyoko

    • 評価: 4.0

      2012年、オリンピック開催に沸くロンドンに軍医ジョー・ワトソンはアフガンから早々に除隊帰ってきた。
      しかし新たな仕事も住まいも決まらずにいた所、友人からフラットシェアをすすめられる。
      シェアの相手はシャーリー・ホームズだった…。

      ◆時代を現代にそして登場人物の性別を逆転させたホームズ・パスティーシュ。
      現代と言ってもかなりサイバーな舞台設定になっていますというより、すでにSFな気もしなくもありません。
      ミステリというよりも、この設定で遊んでみた的な感じもします。
      というかミステリとしてちょっとアレは…その…ちょっと生々しすぎて困るけど。
      でもこの設定は結構気に入ってます。
      多分この設定で楽しませる作品であると言えるかもしれません。
      電脳を駆使するホームズはカッコイイしね。でもってハドソンさんの設定も面白いし、なによりワトソンの過去もかなり気になるもの。
      続編ありかな?
      >> 続きを読む

      2014/09/16 by

      シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」のレビュー

    • ワトソンとホームズが女性なんですか?
      変ったパスティーシュですね。
      むつぞーさんのおっしゃるように、きっとお遊び感覚なんでしょう。
      >ちょっとアレは…その…ちょっと生々しすぎて困るけど。
      アレって何だろう?…妄想が…
      >> 続きを読む

      2014/09/16 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん>
      時代が現代になったのはTVでもありましたし、女性になったのも他にあるそうです。
      ホームズパスティーシュは数が多い…。

      アレはまだ妄想のほうが個人的には良いなぁ。
      >> 続きを読む

      2014/09/17 by むつぞー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    覆面作家