こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ゴリアテ

ロリスと電磁兵器
3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,785 円
いいね! kiki

    「ゴリアテ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      昨年の年末から図書館で借りてきてきた、ローカス賞受賞の冒険スチームパンク三部作の完結編。

      第一次世界大戦直前のパラレルワールドのヨーロッパを舞台に、両親を暗殺され、自身も追われているオーストリアの公子と、空の憧れから男装して英国海軍航空隊に志願した少女を中心に、奇妙なテクノロジーにあふれた世界が描かれています。

      オスマン帝国のイスタンブールでドイツの野望を打ち砕いた二人は、飛行獣リヴァイアサンで東京へ向かっていましたが、ロシアのツングースカで驚異の光景を目にします。
      その状況を引き起こしたという天才科学者ニコラ・テスラと合流し、戦争終結の可能性がある電磁兵器、ゴリアテのために、太平洋を横断してアメリカに向かいます。
      なんとしても戦争を終結させたいアレックの願いはどうなるのか?そしてデリンの、アレックへの密かな想いの行方はどうなるのかといったところが読みどころでしょうか。

       正直、個人的には何か物足りない感じでした。

       ワクワクする舞台設定のわりに、血沸き肉踊るド派手なアクションが欠けていました。また、数々の困難にも見舞われるんですが、だいたい、自爆系のトラブルで、スカッとしないのです。

      一方、デリンの秘めた恋心に関してはキュンキュンしていて、いわゆる少女漫画的な面白さはバッチシでした。
      徐々に言葉を覚えて賢くなっていくロリスも可愛らしいし、宝塚で舞台化したらイイ感じで、SF好きの女の子は楽しいかも?

      また、この巻ではエキゾチックな日本も登場して、(しかもカッパが活躍!)その辺も日本人なら楽しめますよ♪

      シリーズを通してみると、2巻のクライマックスが一番面白かったかな?

      人にお勧めするには安心できる作品です。
      >> 続きを読む

      2015/02/04 by

      ゴリアテ」のレビュー

    • カッパくん会ってみたいかもー♡

      2015/02/04 by makoto

    • 海外の作品が描いた日本は興味深いですね♪
      カッパが出てくるのは驚きです(笑)!

      2015/02/04 by sunflower


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ゴリアテ ロリストデンジヘイキ
    ごりあて ろりすとでんじへいき

    ゴリアテ - ロリスと電磁兵器 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本

    小林美幸の作品