こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

あかね空

4.5 4.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,850 円
この書籍に関連するページ
第126回 直木三十五賞

希望を胸に身一つで上方から江戸へ下った豆腐職人の永吉。己の技量一筋に生きる永吉を支えるおふみ。やがて夫婦となった二人は、京と江戸との味覚の違いに悩みながらもやっと表通りに店を構える。彼らを引き継いだ三人の子らの有為転変を、親子二代にわたって描いた第126回直木賞受賞の傑作人情時代小説。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「あかね空」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      直木賞受賞の人情物語、京の老舗豆腐屋から暖簾分けされ、江戸で認められるまでの親子二代にわたる話。 登場人物が皆生き生きと個性を持って描かれ、勧懲小説で落とし所最後の捻りもしっかり。 「傳蔵」が美味しい所を独り占め。悪徳人を最後にをうっちゃりし、きれいな笑いで言ったこと「大切なことは身内が固まることさ、壊れるときは中から壊れるもんさ」と 何事万事然りです、身近の所から家族を大切に! 冷奴は江戸風、湯豆腐は京風が好みですが、述べた先から我が家の好みはバラバラです。

      2016/08/28 by

      あかね空」のレビュー

    関連したレビュー

      文藝春秋 (2004/08)

      著者: 山本一力

      他のレビューもみる (全5件)

      • 評価: 3.0

        江戸に下った豆腐職人の、親子二代にわたる小説

        恋仲になり結婚した二人も、家族を持ちすれ違いからぎくしゃくし、周りからは険悪な仲と認識されるまでに。

        時代小説なのに、家族間のどろどろはリアルで身近で、現代小説かのような気持ちで読んだ

        2012/01/20 by

        あかね空」のレビュー

      • 私も以前読みました!
        父に借りて読んだ時代小説の中でも、おもしろくて読みやすかった気がします。
        レビュー見て、そのこと思い出してちょっとうれしいです♪
        >> 続きを読む

        2012/06/27 by -key-


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アカネゾラ
    あかねぞら

    あかね空 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本