こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

陰陽師 瘤取り晴明

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 夢枕 獏
定価: 1,440 円
いいね!

    「陰陽師 瘤取り晴明」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      図書館本。

      夢枕獏の陰陽師版「瘤取りじいさん」で、読み終えるのが惜しいほどに楽しい絵物語だった。村上豊氏の絵は、どこかとぼけた味わいがあって、魑魅魍魎もなんだかユーモラスに思えてくる。

      この巻の圧巻は、博雅が吹く笛「葉双」の音色の描写だった。朱雀門に棲む鬼から譲られた「葉双」は、誰もが吹ける笛ではないという。その音色を聞きわけ、博雅が吹いていると当てた酒呑童子もさすがである。
      博雅の笛の音を聞きたくて妖たちが集まるラストシーンが、ことのほか楽しかった。


      >> 続きを読む

      2019/12/18 by

      陰陽師 瘤取り晴明」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    陰陽師 瘤取り晴明 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本