こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

陰陽師

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,500 円

鬼が女の頚に、ぞぶりと噛みついていた...。平安の都に次々起きる怪事件。やがてそれらが都を滅ぼす恐ろしい陰謀へと繋がって行く。晴明と博雅が立ち向かう相手とは?シリーズ待望の大長編。

いいね!

    「陰陽師」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。シリーズ第八巻。
      長編の上巻。文庫版既読。

      京の都では、このところ妙なことばかりが起こっている。晴明の兄弟子がそれを案じて、晴明を訪ねてくる。何かつながりがあるのか、考えてみてはくれないかと。晴明がたどりついた考えは、都に仇をなそうとする怨霊のしわざではないかというものだった。

      本書に出てくる俵藤太のエピソードは、何度読んでも楽しい。勢多の大橋で大蛇を平然とまたぐ話や、大百足退治の話は子供の頃から大好きだった。藤太は豪胆なだけでなく、人間的にも優れた人物として本書で描かれているのがうれしい。
      一方、平将門は人外のものになり果てたようで、ゾンビみたいに描かれているのがなんだか気の毒である。


      >> 続きを読む

      2020/01/01 by

      陰陽師」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オンミョウジ
    おんみょうじ

    陰陽師 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    霧に濡れた橋 (ミステリアス・プレス文庫)

    最近チェックした本