こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

悪の教典

3.2 3.2 (レビュー5件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,800 円
この書籍に関連するページ
第8回 本屋大賞 / 7位

学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

いいね!

    「悪の教典」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 1.0

      つらい。
      この本すごいつらい。

      でもちょっと中毒性があるかも・・・。
      つらいなら読むのやめたらいいのにやめられないぃぃ!!
      と思いながら結局最後まで読みました。

      こんな人いないと思いたいけどサイコパスは実際にいるらしいし・・・。

      主演の伊藤さんは海猿で大好きだったのに、
      これから海猿見るたびにこのハスミンが付きまといそうで(笑)
      >> 続きを読む

      2014/03/29 by

      悪の教典」のレビュー

    • > つらいなら読むのやめたらいいのにやめられないぃぃ!!

      こういうお話を聞くと読みたくなっちゃうなぁ♪ >> 続きを読む

      2014/03/30 by ice

    • 海猿の伊藤さんは超爽やか熱血な感じですもんね。。

      2014/03/30 by chao

    • 評価: 5.0

      映画化される前から積んでいてようやく読了。
      どうしても伊藤英明さんのイメージがつきまといハスミンの姿を自分の力では想像できなかったことが残念。
      犯行の数々は、さすがに上手く行きすぎているという感が否めないけども
      テンポとして最高。
      貴志さんの描く殺人鬼は魅力的だなぁ。

      2013/03/03 by

      悪の教典」のレビュー

    • やはり話題作は映像化される前に読む事を皆さんに強くオススメするのであります!
      下巻をまだ読んでいないので、映画は下巻が主体のような気がします。

      あと、やっぱりえぐいです(笑)
      >> 続きを読む

      2013/03/04 by loki

    • 伊藤英明って海猿のイメージが強過ぎて、他の映画に出て来ると違和感満載なんですよねーw >> 続きを読む

      2013/03/04 by makoto

    • 評価: 2.0

      人気で爽やかな高校教師、蓮実先生。
      けれども彼には裏の顔が・・・

      一見普通にみえる人の狂気。
      テンポが良くて一気に読めるが、容赦なく殺人が行われまくっている感じがどうかな。

      上巻では頭がよくクールだった蓮実先生だが、下巻ではなんかめちゃくちゃ。天才の割りに雑。どうせならもっと完璧にしてほしい。なんでもありの殺戮。バトルロワイアルみたい。 >> 続きを読む

      2012/11/10 by

      悪の教典」のレビュー

    • >天才の割りに雑

      天才なら天才らしい振る舞いをお願いしたい感じはしますね(笑)

      2012/11/10 by sunflower

    • >人気で爽やかな高校教師、蓮実先生。
      >けれども彼には裏の顔が・・・

      そうそう、こういうのが本当は悪いんすよね・・・
      そろそろ爽やかボーイを返上しないとボクも疑われそうだなぁw
      >> 続きを読む

      2012/11/11 by makoto

    • 評価: 1.0

       2010年度「このミス」第1位ということでよく売れている本であり、大好きな貴志祐介ということで大いに期待したが、正直言って今一つ。「とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか」ということだが、前半はともかく後半はほとんど緊張感がなかった。「バトルロワイヤル」もそうだが大量殺戮モノは次々と登場人物が死ぬため却って緊張感が薄れるという構造的欠陥があるうえ、主人公の無敵ぶりは明らかなので、ダラダラした感じは否めない。オチでの多少の工夫も焼け石に水な感じ。
       個人的には、貴志祐介のランキングは(1)クリムゾンの迷宮、(2)新世界より、(3)狐火の家、かな。本作品は多分誰がみても5位以内には入らないと思う。 >> 続きを読む

      2012/05/11 by

      悪の教典」のレビュー

    • 貴志祐介と言えば個人的には「黒い家」がダントツ印象に残っています。
      でも最初に触れたホラー作品と言うのが大きかったのかもしれません。

      2010年度「このミス」第1位。
      確かに読みたくなります!(笑)
      >> 続きを読む

      2012/05/11 by ice

    • 新世界を最初に読んだので次は悪の教典かなと考えていたのですが…
      う~ん。
      先にクリムゾンの迷宮を読んでみる事にします。 >> 続きを読む

      2012/11/05 by sky

    • 評価: 4.0

      うちの学校には怪物がいる。

      Takapuna library

      2012/02/09 by

      悪の教典」のレビュー

    関連したレビュー

      文藝春秋 (2012/07)

      著者: 貴志祐介

      他のレビューもみる (全12件)

      • 評価: 4.0

        表紙のカラスの絵だけでも不気味だが、この本に登場する蓮実聖司というキャラはもっと危うい存在。

        蓮実聖司。通称ハスミンはクラスの生徒だけでなく教師からも人気。
        それもそのはず。彼がそうなるように学校を裏で操っているのだから。
        その彼に目をつける存在は排除のため秘かに裏で動く。

        いわゆるサイコパスな男の物語。
        その悪の心が増大していく過程や、周りを取り込んでいく部分が実にスリリング。

        ただしクラスでは疑惑の目を持つ生徒が生まれ始め、教師にも恨みを持つ者が。
        それらを惨劇の渦に巻き込む後半も楽しみ。
        >> 続きを読む

        2019/07/23 by

        悪の教典」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    25人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    アクノキョウテン
    あくのきょうてん

    悪の教典 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本