こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

たったひとつのたからもの

3.5 3.5 (レビュー2件)
著者: 加藤 浩美
定価: 1,512 円
いいね!

    「たったひとつのたからもの」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      先生に薦められ、その足で本屋へ。
      余命1年と宣告されながらも、6年間を精一杯生きた秋雪君と家族の物語です。
      ぎゅっと詰まっていました。読んだ後は大切な人と会ってそばにいたくなります。
      秋雪君がとても愛らしい。

      2015/09/13 by

      たったひとつのたからもの」のレビュー

    • 評価: 3.0

       知人というか、恩人が誕生日にプレゼントしてくれました。
      せつなくなる本です。
      命の大切さと幸せの意味について、しんみり考えさせられます。

       著者は心臓の障害とダウン症をあわせもって生まれてきて、
      6年間精一杯生きた秋雪君のお母さんです。
      本書にはお母さんの愛情、悩みなどがとても正直に日常的な言葉で述べられていて、
      本当に切なくなってきます。
      その分 考えさせられます。

       急ぎすぎる世の中や生活に疑問を持ったとき、
      子供を授かったとき、いろいろなときにヒントをくれそうな本です。
      写真が多いので一気読みしてしまいますが、ゆっくり噛み締めてみるのも良いでしょう。

       本文から少し引用させていただきます。

      「今現在を楽しく元気に過ごせたら、それが一番大切で、喜ぶべきこと」
      「今の命を精一杯。病気の人に限らず、すべての人間に言えること」
      「得体の知れない将来のことをあれこれ悩む前に、今、このときの一分一秒を」

      ジ~ンと心にしみこんできませんか?
      >> 続きを読む

      2015/02/01 by

      たったひとつのたからもの」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    たったひとつのたからもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    曲がり木たち

    最近チェックした本