こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

きらめくジャンクフード

著者:
カテゴリー: 食品、料理
定価: 1,300 円

理想のシチュエーションは、お肉屋さんで買ったコロッケを夕暮れ時に川辺の土手に坐って、柴犬のポチと一緒に仲良く一個ずつ堪能すること―。ハンバーガーやポップコーン、アップルパイからあんみつ、たこやきまで、人生になくてはならない「美味しくて楽しい」もの48種を厳選したエッセイ集。幸せの味を召し上がれ。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「きらめくジャンクフード」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      文藝春秋 (2009/09)

      著者: 野中柊

      • 評価: 5.0

        chibadebu的には好きな食べ物と問われれば、パスタ♪とか答える場合は多いものの多分に女性視点を意識したもので本当は「揚げ物」だったりする。

        そんな話を先日マミーと実家でしたのだが、さすがは我がマミー、まさかの本人納得の別の答えが飛び出したのである。

        それが「ジャンクフード」それも広義のものでハンバーガーとかはもちろん含むけれど、それに加えてタイ焼きとかポテチとかも含んでいる。

        それからジャンクフードが気になって購入したのがこの本で、まさに広義のジャンクフードがふんだんに取り上げられている。

        ちょっと著者の主観が強過ぎる点は有るものの、chibadebu的には許せる範囲なので楽しく読めた。

        読み終えた後に気付いたのは、ジャンクフードってコンビニで買えるものが多いと言うこと。

        chibadebuのコンビニ依存度が高いのは、そんな理由も有ったのかと気付かされた。

        そう言えばレジフロントでコロッケやらフライドポテトやらを良く買うんだな。
        >> 続きを読む

        2012/09/10 by

        きらめくジャンクフード」のレビュー

      • 業界的には深夜の宅配ピザでしょうね。
        途中でRedBullも買って来てってゴリ押しするのは新人の登龍門(笑) >> 続きを読む

        2012/09/11 by suppaiman

      • 美は食からです☆
        ガマンー

        2012/09/11 by sayaka


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キラメクジャンクフード
    きらめくじゃんくふーど

    きらめくジャンクフード | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本