こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

黒澤明という時代

カテゴリー: 映画
定価: 1,750 円

「姿三四郎」で戦時下に登場;「一番美しく」と「續姿三四郎」;民主主義って何だ?―「虎の尾を踏む男達」と「わが青春に悔なし」;「素晴らしき日曜日」と無名の新人;「酔いどれ天使」―同時代性の衝撃;「静かなる決闘」と「野良犬」の陶酔;「醜聞」、「羅生門」と宮川一夫;幻の秀作「白痴」;余裕と話術の傑作「生きる」;「七人の侍」の明暗;「生きものの記録」をどう観たか;技巧の極致―「蜘蛛巣城」と「どん底」;「隠し砦の三悪人」と「悪い奴ほどよく眠る」の狭間で;「用心棒」と「椿三十郎」の微妙な差;文句なしに面白い「天国と地獄」;「赤ひげ」は“集大成”か;「どですかでん」までの悪路;「デルス・ウザーラ」と幸運;「影武者」と「乱」―三船のいない戦国絵巻;三つの小品―「夢」「八月の狂詩曲」「まあだだよ」;テクニックと“言いたいこと”

いいね!

    「黒澤明という時代」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    クロサワアキラトイウジダイ
    くろさわあきらというじだい

    黒澤明という時代 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本