こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

歌川国芳猫づくし

4.0 4.0 (レビュー2件)
著者: 風野 真知雄
定価: 1,458 円
いいね!

    「歌川国芳猫づくし」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。

      江戸の町で八匹の猫と暮らす人気絵師歌川国芳の身辺で起こる、ちょっとミステリアスな出来事を描いた短編七篇。

      作者は猫派かなと前々から思っていたが、本書を読んでそうだと確信した。「団十郎の幽霊」の中で、飼い猫を失った団十郎の気持ちを語るくだりは、猫好きでないと書けないと思う。

      「江ノ島比べ」には、国芳と張り合うかたちで歌川広重が出てくるのだが、この広重は安藤広重のことだと知った。昔は安藤広重で通っていた(某社のお茶漬け海苔についていた『東海道五十三次』のカードにも安藤広重と記載されていた)のに、いつのまに歌川広重になったことやら。

      広重の『名所江戸百景』の中の猫が登場する絵についてのエピソードが語られているので、その絵をネットで見て楽しませてもらった。ついでに国芳の絵も見てみたが、個人的にはいまひとつかな。ただ、がしゃどくろが描かれた「相馬の古内裏」は気に入った。

      本書を読みながら浮世絵も鑑賞できて、楽しいひとときだった。


      >> 続きを読む

      2021/02/14 by

      歌川国芳猫づくし」のレビュー

    • 評価: 4.0

      歌川国芳が気になりだしたら大好きな風野真知雄先生の新作に登場!
      金魚の船頭さんゾッとしました。しかし隠された文字ってホントでしょうか?見てみたい!
      これシリーズ化してほしいです。

      2014/04/12 by

      歌川国芳猫づくし」のレビュー

    • 面白い作品はシリーズ化してほしいと思う一方、続編でがっかりするのも嫌だからそのままの方が良い気もしちゃいますよね。 >> 続きを読む

      2014/04/13 by ただひこ

    • 花の下辺りのおヒゲの感じが疲れたおじさん風味ですよねーw

      2014/04/13 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    歌川国芳猫づくし | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本